「ED40」国鉄初の国産電気機関車

230OpqaeGFiWk
1919年に国産発の電気機関車と
して、信越本線横川~軽井沢間で
運行された、国鉄の車両は?
BB43
ED60
DF32
ED40(答)

国鉄ED40形電気機関車(こくてつED40がたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が1919年(大正8年)から製造した直流用電気機関車である。
>信越本線横川 – 軽井沢間(碓氷峠)用のアプト式電気機関車で、1919年に4両、1920年(大正9年)に4両、1921年(大正10年)に3両、1922年(大正11年)に2両、1923年(大正12年)に1両の計14両が鉄道院大宮工場(現在のJR東日本大宮総合車両センター)で、10000形(後のEC40形)の増備用として製造された。国鉄が初めて導入した国産電気機関車である。本形の増備により、1921年に碓氷峠区間での蒸気機関車の運転が廃止された。
引用元: 国鉄ED40形電気機関車 – Wikipedia.