「メレス・ゼナウィ」20年以上強権的にエチオピアを支配した政治家 アルフレド・「ストロエスネル」通算35年間君臨のパラグアイ元独裁者 ジャン=ベデル・「ボカサ」皇帝を称した中央アフリカ共和国元独裁者 「リー・クアンユー」(李光耀)長期間「開発独裁」を進めたシンガポール初代首相

035AKSdcch
1965年に独立した
シンガポールの初代首相は?
李成桂 イ・ソンゲ 李氏朝鮮初代国王
李克用 唐末〜五代十国の武将、黄巣の乱で活躍
李光耀(答)リー・クアンユー
李承晩 イ・スンマン 大韓民国初代大統領
42%

CIMG9502xxaTnzRTDsPg
1963年にシンガポールの
初代首相に就任した人物で
1990年まで長期に渡る
独裁政権を築いたのは?
アンユク・リーー
リー・クアンユー(答)
李光耀
Lee Kuan Yew

384uhcohwR
1991年の暫定大統領就任以降
20年以上もエチオピアを支配した
「アフリカ最大の人権抑圧者」
とも呼ばれた政治家は?
ナィ・メウウゼレ
メレス・ゼナウィ(答)
Meles Zenawi

027DnokjcWxnl
1954年から1989年まで35年間
パラグアイ大統領を務めた
独裁者はアルフレド・
◯◯◯◯◯◯◯?
ネルスエロトス
ストロエスネル(答)
Alfredo Stroessner

CIMG2839xVTdvnAWRzJJ
1966年に中央アフリカ共和国の
大統領に就任し、中央アフリカ
帝国と国名を変え、皇帝となった
人物はジャン=ベデル・○○○?
ジグー
アッサ
ダミン
ボカサ(答)
ジャン=ベデル・ボカサ

メレス・ゼナウィ
メレスゼナウィ
Meles Zenawi

国籍エチオピア
専門政治家
肩書エチオピア首相
生年月日1955/5/9
出生地ティグレ州アドゥア
学歴アディスアベバ大学医学部〔1974年〕中退
経歴小作農の家に生まれ、奨学金を得て首都アディスアベバの高校に進学。大学在学中の1974年内戦が激化したため故郷に戻り、’75年エチオピア北部に住むティグレ族を結集し、マルクス・レーニン主義を掲げた反政府ゲリラ組織・ティグレ人民解放戦線(TPLF)を結成、議長。’89年5月他のゲリラとの共闘組織・エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)を結成し議長に就任。’91年2月から首都進攻作戦を開始、5月メンギスツ大統領を辞任・出国に追い込み、暫定政権を樹立。7月暫定大統領。’95年8月新憲法で事実上の最高指導者と定められた首相に就任。2000年10月再選。2003年9月来日。
引用元:メレス・ゼナウィ(メレスゼナウィ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A3-1687541

メレス・ゼナウィ・アスレス(アムハラ語: መለስ ዜናዊ, 英語: Meles Zenawi Asres、1955年5月8日 – 2012年8月20日)は、エチオピアの政治家。同国暫定大統領(1991年-1995年)、首相、エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)書記長などを歴任した。
>アディスアベバ大学医学部中退。1975年に反政府勢力ティグレ人民解放戦線 (TPLF) を結成し、議長を務める。1980年代はホッジャ主義を掲げたティグレ・マルクス・レーニン主義連盟(MLLT)に属した。1989年5月には他のゲリラ組織とともにエチオピア人民革命民主戦線 (EPRDF) を結成し、書記長に就任。1991年5月にはメンギスツ・ハイレ・マリアム率いるエチオピア労働者党独裁政権を倒し、7月23日に暫定大統領となる。
1995年8月22日に首相に就任し実権を握ると、エチオピアの経済成長を成し遂げたが、政治面では権威主義的な統治を行い[2][3]、少数民族の抑圧や報道規制、野党の活動規制などを強め、人権団体からは「アフリカ最大の人権抑圧者」などと非難を受けてきた[4]。
引用元:メレス・ゼナウィ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A3

「アフリカの角」に権力の空白

 反政府勢力エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)の書記長だったメレス氏は1991年に当時のメンギスツ・ハイレ・マリアム(Mengistu Haile Mariam)大統領の独裁政権を倒して権力の座につくと、エチオピアを急速な成長軌道に乗せるとともに地域紛争の調停でも大きな役割を果たした。約20年にわたってエチオピアを強権的に支配し、野党弾圧や人権抑圧で批判も受けた。
引用元:エチオピアのメレス首相が死去、入院中に容体急変 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/2896493

アルフレド・ストロエスネル(Alfredo Stroessner、1912年11月3日 – 2006年8月16日)は、パラグアイの軍人、政治家。1954年から1989年まで通算8期35年間に渡りパラグアイ大統領を務め、独裁者として君臨した。
>1954年7月、コロラド党の党首でもあるストロエスネルは、対立候補なしで大統領に選出された。共産党非合法化に続き、すべての革新団体の禁止と新聞の自由の制限を実施して独裁体制を確立。予算の6割を軍事費に充てた。
1956年-1957年には左翼勢力による権力奪取の試みがあったが失敗し、反ストロエスネル派の人々は海外へ亡命した。以後1958年から1988年まで5年の任期ごとに計8選された。当時は冷戦下にあり、反共国としてアメリカを始め西側陣営の厚い庇護に恵まれたことや、隣国のアルゼンチンをはじめ中南米にはまだ軍事政権が多く、民主化を求める流れに至っていなかったことで長期政権の維持に成功した。
引用元: アルフレド・ストロエスネル – Wikipedia.

ジャン=ベデル・ボカサ(フランス語: Jean-Bédel Bokassa, 1921年2月22日 – 1996年11月3日)は、中央アフリカ共和国の大統領(在任:1966年 – 1976年)、中央アフリカ帝国皇帝としてはボカサ1世(フランス語: Bokassa I, 在位:1977年 – 1979年)。
>1966年、当時国軍参謀総長だったボカサは軍事クーデターで、経済政策で失敗したダッコ政権を倒し、翌年大統領に就任、独裁政治をはじめる[1]。1972年には終身大統領を宣言し[1]、1976年12月4日には国名を「中央アフリカ帝国」とし自ら皇帝として即位した。
引用元: ジャン=ベデル・ボカサ – Wikipedia.

リー・クアンユー(英語: Lee Kuan Yew, 中国語: 李光耀、1923年9月16日(旧暦8月6日) – )は、シンガポールの政治家、初代首相。首相退任後、上級相、内閣顧問を歴任した。
初代首相就任以降、長期にわたり権威主義的政治体制、いわゆる「開発独裁」を体現し、独裁政権下ながらシンガポールの経済的繁栄を実現した。
引用元: リー・クアンユー – Wikipedia.