「若草山」山焼きで知られる奈良県の山 「三笠山」

087idAzEoJpRi
毎年1月の山焼きで知られる
奈良市の山で、「三笠山」という
別名を持つのは◯◯山?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
わかくさ
「若草山」

山全体が芝生でおおわれており、三つの笠を重ねたようなので三笠山ともいいます。
 高さ342m、広さが33haあり、山内のあちらこちらで鹿を見ることができます。
 春には桜、秋の紅葉、ススキと四季折々の自然を楽しむことができます。
 山麓、一重目、二重目、山頂(三重目)、鶯塚古墳周辺道などで違った景観をお楽しみ頂けます。
 (鶯塚古墳周辺道は二重目料金所を北(山頂へ向かって左折)へ進む)
 歩行時間は、山麓ゲートから30分~40分位で山頂へ到着します。心地よい汗をどうぞ。
>古都奈良の早春を告げる伝統行事、夜空を焦がす壮観さは圧巻です。
  毎年1月第4土曜日に開催(点火不能な時は翌週へ順延)。
  当日は、山麓にて午後からイベントや式典が行われ、山焼き直前の大花火は、澄みきった冬の夜空を
  鮮やかな光と色で染め、その豪華な号砲で山焼きがスタートします。
  是非お越し下さい。
引用元: 若草山/奈良県公式ホームページ.

若草山(わかくさやま)は奈良県奈良市、奈良公園の東端に位置する標高342m、面積33haの山。
>なだらかな山腹が芝に覆われており、奈良を代表する景観の一つである。山頂には古くから知られる前方後円墳(鶯塚古墳、全長103m)がある。山頂から見る奈良の夜景は、新日本三大夜景のひとつに認定されている。
>若草山は芝に覆われている。この芝はノシバ(日本芝の一種)と呼ばれる日本固有のシバで、近畿では若草山付近が唯一の自生地とされる。ノシバの種は堅い殻に覆われており、シカがシバの葉と共に種を食べても、シカの歯と胃液による消化などから堅い殻が種を守る。
引用元: 若草山 – Wikipedia.