「NLD」 アウンサン・スーチーが率いる政党「国民民主連盟」National League for Democracy

097weiIVWHRFv
2011年には政党登録も実現した
アウンサン・スーチーが
率いるミャンマーの政党
「国民民主連盟」の略称は?
ACPR
LGND
→NLD
National League for Democracy

国民民主連盟(こくみんみんしゅれんめい、National League for Democracy、NLD)は、ミャンマー(ビルマ)に存在する政党。軍事政権、並びにその流れを継ぐ現在の政権の施策に抵抗している点で、ミャンマー最大の反政府組織といえる。党としての議長はアウンサンスーチー(書記長を兼任)、副議長はティン・ウ。
亡命政府であるビルマ連邦国民連合政府(NCGUB)の主要構成団体の一つである。
引用元: 国民民主連盟 – Wikipedia.

国民民主連盟【こくみんみんしゅれんめい】

ミャンマーの政党。National League for Democracy(略称NLD)。国軍によるクーデタと反政府運動弾圧に抗して,1988年9月アウンサン・スーチーらが中心となって結成。
引用元: 国民民主連盟(こくみんみんしゅれんめい)とは – コトバンク.

アジア最後のフロンティアとして、ここ数年日本企業の進出が相次いでいるミャンマー。数年前軍事政権から民政移管を果たし、ミャンマー民主化の象徴アウン・サン・スー・チー氏が率いる野党「国民民主連盟(NLD)」が大勝し、スー・チー氏自身も国会議員となりました。そのNLDの本部が今、観光名所となっています。
引用元: ミャンマーの新観光名所『国民民主連盟本部』はスー・チーさんグッズでいっぱい! | ロケットニュース24.