「愛知県の市政施行順」豊橋市・豊川市・豊田市・豊明市

047DNckymRdZO
次の愛知県の都市を
市政を施行したのが
早い順に選びなさい
豊橋市 1906
豊川市 1943
豊田市 1951
豊明市 1972

map21
引用元: 県内の市町村 | 愛知県.

豊橋市(とよはしし)は、愛知県の南東部にある都市。東三河地区の中心都市であり、同地区の人口の約半数を占める。中核市に指定されている。
>1906年(明治39年) 市制施行。
引用元: 豊橋市 – Wikipedia.

豊川市(とよかわし)は愛知県の東三河の市である。
>豊川稲荷(豊川市豊川町1番地)の門前町から発展し、曹洞宗の専門僧堂を有する。市名の豊川(とよかわ)の由来は、律令制の宝飯郡豊川郷。愛知県内に、豊の付いた自治体名が多いが、最古はこの豊川市で、8世紀の木簡から確認できる。鎌倉時代に鎌倉街道の豊川宿となり、江戸時代も東海道の赤坂宿として機能した。
>1943年6月1日 – 宝飯郡豊川町、牛久保町、八幡村、国府町が合併し、豊川市市制施行[5](愛知県下8番目、全国208番目)。
引用元: 豊川市 – Wikipedia.

豊田市(とよたし)は、愛知県北部(西三河地方)に位置する市で、中核市である。トヨタ自動車が本社を置く企業城下町として全国的に有名であり、愛知県下で人口は名古屋市に次いで2位、面積は県内で最も広い都市である。
濁音で「とよだ」と誤読される事があるが、正しくは清音で「とよた」である。ただし、市名の由来であるトヨタグループの創始者:豊田佐吉や一族の姓は「とよだ」と濁音である。
>中心部の挙母(ころも)は、近代以前は三河国加茂郡に属し、江戸時代には挙母藩内藤氏2万石の城下町であった。1951年、挙母市(ころもし)として市制を敷いたが、1959年1月1日をもって豊田市に改名された。
引用元: 豊田市 – Wikipedia.

豊明市(とよあけし)は、愛知県名古屋市の東に隣接する市。
>1972年(昭和47年)8月1日、愛知県豊明町から市制施行し、県下30番目の市として誕生。
>1560年、織田信長が少数の軍で今川義元に勝利し、織田による天下統一の大きなきっかけとなった、桶狭間の合戦の戦地・桶狭間古戦場を有する。
引用元: 豊明市 – Wikipedia.