メソアメリカ文明順「オルメカ文明」「テオティワカン文明」「トルテカ文明」アンデス文明「インカ文明」マンコ・カパック王「キープ」

156lPgkEDi
次のメキシコの文明を
歴史が古い順に選びなさい
オルメカ文明
テオティワカン文明
トルテカ文明
「オルメカ文明、テオティワカン文明、トルテカ文明」(答)
30%

064uLgwbCv
初代の王はマンコ・カパック
結び縄「キープ」
首都はクスコ
スペイン人ピサロに滅ぼされる
マヤ文明
テオティワカン文明
オルメカ文明
インカ文明(答)

077eCpzHLZHHk
マヤの言葉で「ヘビの巣」という
意味がある、メキシコ東部にある
世界有数のリゾート地といえば?
パナタコン
リカーユク
カンクン(答)

CIMG4382
次のメキシコの古代遺跡の
写真と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A 1つの階段通路、白いピラミッド(パカル王の墓)───パレンケ
B 茶色の山のような画像(太陽のピラミッド)───テオティワカン
C 2つの階段通路、茶色のピラミッド(ククルカンの神殿)───チチェン・イッツァ

CIMG0393kGsbvXCopHmY
次のうち、メキシコの世界遺産
「古代都市テオティワカン」に
あるピラミッドを全て選びなさい
×星のピラミッド
×天空のピラミッド
◯太陽のピラミッド
◯月のピラミッド

CIMG4863
次のうち
メソアメリカ地域に
栄えた古代文明を
全て選びなさい
◯オルメカ文明
◯テオティワカン文明
◯アステカ文明
◯トルテカ文明
◯マヤ文明
×クレタ文明

インカ帝国(インカていこく、スペイン語:Imperio Inca、ケチュア語:タワンティン・スウユ(Tawantin Suyu, Tahuantinsuyu))は、南アメリカのペルー、ボリビア(チチカカ湖周辺)、エクアドルを中心にケチュア族が作った国。文字を持たない社会そして文明であった。
首都はクスコ。世界遺産である15世紀のインカ帝国の遺跡「マチュ・ピチュ」から、さらに千メートル程高い3,400mの標高に、首都だったクスコがある。1983年、クスコの市街地は世界遺産となった。
>クスコ王国(12世紀頃–1438年)[編集]
詳細は「インカ神話」および「クスコ王国」を参照
ケチュア族は、12世紀頃にクスコへ移住し、インカ族として成立した。最初のインカ族の統治者(サパ・インカ)であるマンコ・カパックの指揮の下、彼らはクスコ(ケチュア語:Qusqu’Qosqo)に小規模の都市国家を築いた。彼と続く7人のサパ・インカの在位期間は明確でないが、1250年から1438年頃までと想定されている。
引用元:インカ帝国 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E5%B8%9D%E5%9B%BD

カンクン (Cancún) は、メキシコ合衆国の南東部、カリブ海沿岸のキンタナ・ロー州にある都市の名前。マヤ語で”カン”は蛇、”クン”は巣という意味で蛇の巣という意味である。
>メキシコ南東部のカリブ海沿岸、ユカタン半島の先端に位置する観光都市で、1970年代にメキシコ政府の先導でリゾート地として開発された。現在は年間で300万人を超える観光客やセレブが訪れる、世界的に知名度が高いリゾート地となった。近くに世界遺産のチチェン・イッツァや、リゾート地のシカレ、シェルハ、遺跡のトゥルムなどがあり、これらの遺跡とセットでカンクンに来る人も多い。
引用元: カンクン – Wikipedia.

アメリカ大陸の古代文明は、通常「マヤ、アステカ、インカ」と呼ばれています。しかし、マヤ文明、アステカ王国、インカ帝国は永いアメリカ古代史の一局面にすぎず、それだけでアメリカ古代文明を代表させるのは明らかに誤りです。とはいうものの、わが国ではまだまだ古代アメリカ文明に関する知識は普及しておらず、その体系を理解することは容易ではなく、大学で授業をする際にも困ってしまうことが多いのです。そこで、誰にでもわかりやすい「古代アメリカ文明略年表」を作ってみました。
 アメリカ古代文明は、大きく「メソアメリカ」と「アンデス」の両地域に分かれます。メソアメリカは「中米の高文化地帯」で、現在のメキシコからグアテマラ、ベリーズなどの諸国にまたがる地域です。アンデスは「南米の高文化地帯」で、現在のエクアドルからペルー、ボリビアなどの諸国にまたがります。
yomo06
引用元:古代アメリカ略年表 http://homepage1.nifty.com/heiankyo/kuni/yomo23.html

下記のように壮麗な神殿ピラミッドなどを現在も残す、メソアメリカ文明が繁栄した地域である。メソアメリカ文明では、
定住農村村落の成立(紀元前2000年以後[1])
オルメカ文明(メキシコ湾岸;紀元前1250頃-紀元前後)
テオティワカン文明(メキシコ中央高原;紀元前後-7世紀頃)
マヤ文明(メキシコ南東部、ユカタン半島、グアテマラなど;紀元前3世紀-16世紀)
トルテカ文明(メキシコ中央高原;7世紀頃-12世紀頃)
サポテカ文明(メキシコ・オアハカ地方;紀元前10世紀-16世紀)
ミシュテカ文明(メキシコ・オアハカ地方;)
タラスカ王国(メキシコ西部地域、ミチョアカン州など;)
アステカ帝国(メキシコ中央高原;15世紀前半-1521年)
などが興亡した。
引用元: メソアメリカ – Wikipedia.