経済体制の変化と調整の構造解明

次のうち、フランスにおける
経済学の「レギュラシオン理論」
の提唱者を1つ選びなさい
ロベール・ボワイエ(答)
ジャック・アタリ
ジャン=バティスト・セー
ジェラール・ドブルー
ミシェル・アグリエッタ(答)
ジャック・ドロール
29%

20世紀に活躍したフランスの
マルクス主義哲学者です
アルチュセール(答)
23%

引用元:Louis Althusser https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/57836/

レギュラシオン理論(仏: théorie de la régulation)とは、1970年代にロベール・ボワイエ、ミシェル・アグリエッタのようなフランスの官庁エコノミストたちによってつくられた経済学の理論。

レギュラシオン理論の文脈における「レギュラシオン」は英語と異なり「規制」の意味ではなく「調整」の意味で用いられている。ここでいう「調整」は労使間の賃金交渉(個人交渉/団体交渉)、年金・医療等の社会保障、政府による裁量的財政・金融政策といった、社会全体を通じた経済主体間の利害調整のあり方を示しており、政府による「規制」のみを単純に示すものではない。「レギュラシオン」を「規制」ととらえ、「規制緩和」に反対し、政府による「規制」を重視する立場とするのは誤解である。

この理論は、一般均衡理論の批判から始まり、ルイ・アルチュセールの構造主義批判、ピエール・ブルデューのハビトゥス概念の吸収など、新たな理論の構築を目指している。経済理論の構築にあたっては、経済モデルとしての操作性が高い「中理論」の構築を目指し、モデルのミクロ経済学的基礎付けについては消極的である。これに対してはモデル構築がアド・ホックだとする批判もある。
引用元:レギュラシオン理論 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%B3%E7%90%86%E8%AB%96

ロベール・ボワイエ(Robert Boyer、1943年3月25日 – )は、フランスの経済学者。レギュラシオン学派の一人。

エコール・ポリテクニーク、パリ政治学院、国立土木学校で学ぶ。数理経済計画予測研究所(CEPREMAP)、国立科学研究所(CNRS)、社会科学高等研究院(EHESS)などで教鞭をとる。マルクス、ケインズの流れを汲むレギュラシオニストだが、ソ連のスターリン主義(中央集権的計画経済)やレーニンの国家独占資本主義論を批判している。
引用元:ロベール・ボワイエ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%A8

Michel Aglietta (born 1938) is a French economist, currently Professor of Economics at the University of Paris X: Nanterre.

Michel Aglietta was one of the founders in 1976, with Robert Boyer, of the regulation school.

He is a specialist in international monetary economy, known for his work on the functions of financial markets.
引用元:Michel Aglietta – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Michel_Aglietta

The regulation school (French: l’école de la régulation) is a group of writers in political economy and economics whose origins can be traced to France in the early 1970s, where economic instability and stagflation were rampant in the French economy. The term régulation was coined by Frenchman Destanne de Bernis, who aimed to use the approach as a systems theory to bring Marxian economic analysis up to date.[1]

Since they are interested in how historically specific systems of capital accumulation are “regularized” or stabilized, their approach is called the “regulation approach” or “regulation theory”.
引用元:Regulation school – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Regulation_school