青海省、西蔵自治区

中国からチベット自治区の
ラサまで、高地をひた走る
人気の鉄道の名は?
黄蔵鉄道
紫蔵鉄道
青蔵鉄道(答)
紺蔵鉄道
50%


かつてはエベレストより高い
と思われてきた中国の山
アムネマチン(答)
18%
引用元:アムネマチン山 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/38592/

青蔵鉄道(せいぞうてつどう)は、中華人民共和国西部の青海省西寧とチベット自治区首府ラサ(拉薩)を結ぶ高原鉄道。総延長1,956kmで青蔵鉄路公司により運営されている。青蔵線とも呼ばれる。日本のメディアでは、青海チベット鉄道と呼ばれることも多い。青海の青と西蔵の蔵から青蔵鉄道と命名された。

西部大開発の代表的なプロジェクトとして、1984年までに一期工事が行われ、2001年からの二期工事を経て2006年7月1日に全通した[1]。建設費は4,500億円と伝えられている。

外国人と台湾人がラサまで乗車する場合は、チベット入域許可書が必要であり、旅行代理店の主催するツアーに参加する必要がある。なお、時期によっては形式上ツアーに参加し、実際には個人旅行として乗車することも可能であるが、シーズンによっては乗車券のほとんどは団体向けに確保されているため、この方法での乗車券の入手はかなり困難である。
引用元:青蔵鉄道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E8%94%B5%E9%89%84%E9%81%93

海省(せいかいしょう、中国語:青海省、拼音:Qīnghǎi Shěng、英語:Qinghai、チベット語: མཚོ་སྔོན་ཞིང་ཆེན།、 モンゴル語:ᠬᠥᠬᠡ
ᠨᠠᠭᠤᠷ
ᠮᠤᠶᠶ)は、中華人民共和国西部に位置する省。省都は西寧市。1928年に青海省成立。省名は、省内に国内最大の湖沼である青海湖があることにちなむ。
引用元:青海省 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%B5%B7%E7%9C%81

チベット自治区(チベットじちく、チベット語: プー・ランキョン・ジョン[注 1], チベット文字:བོད་རང་སྐྱོང་ལྗོངས།; ワイリー方式:bod rang skyong ljongs)、或いは西蔵自治区(せいぞうじちく)は、中華人民共和国(以下、「中国」)の西南部を占める区域自治区である。120万平粁余の面積に360万人が暮らしている。
引用元:チベット自治区 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E8%87%AA%E6%B2%BB%E5%8C%BA