【3】江沢民【4】胡錦濤

2012年11月より、中国共産党・
中央委員会の第5代総書記を
務めている政治家は?
李克強
習錦濤
温家平
習近平(答)
58%

習 近平(しゅう きんぺい、簡体字: 习近平、繁体字: 習近平、拼音: Xí Jìnpíng(シー・ジンピン、シー・チンピン)、1953年6月15日 – )は、中華人民共和国の政治家。同国第5代最高指導者(在任: 2012年11月15日 – 現職)。第5代中国共産党中央委員会総書記、第6代党中央軍事委員会主席、第4代国家軍事委員会主席、第7代国家主席を務めている。第17代中国共産党中央書記処常務書記、第9代国家副主席、第5代中央軍事委員会副主席などを歴任した。
引用元:習近平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%92%E8%BF%91%E5%B9%B3

中国共産党中央委員会総書記(ちゅうごくきょうさんとうちゅうおういいんかいそうしょき)は、中国共産党の党首。中国の指導政党である中国共産党中央委員会の最高指導者が就任する役職。中央国家安全委員会会議と中央政治局会議および中央政治局常務委員会会議を招集し、中央書記処の事務活動を主宰する。

略称は中共中央総書記、中共総書記、共産党総書記、党総書記など。江沢民がこの役職を務めて以降、中国共産党が中華人民共和国を指導していくことが謳われているため、総書記は共産党と国家の最高指導者とされる。江沢民、胡錦濤がこの役職を務めて以降、党中央軍事委員会主席を兼任し、実権を掌握している。現在の党総書記兼中央軍事委員会主席は習近平(第5代[1])。

党総書記(建国後)
初代:胡耀邦(1982年9月12日 – 1987年1月16日)
代行:趙紫陽(1987年1月16日 – 1987年11月2日)
第2代:趙紫陽(1987年11月2日 – 1989年6月23日)
第3代:江沢民(1989年6月24日 – 2002年11月15日)
第4代:胡錦濤(2002年11月15日 – 2012年11月15日)
第5代:習近平(2012年11月15日 – )
※太字は「党中央の核心」となった人物。

なお、中国共産党指導部は党序列最高位の人物に「党中央の核心」という語を用い、「最高指導者」という文言の使用を避けている。
引用元:中国共産党中央委員会総書記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E7%B7%8F%E6%9B%B8%E8%A8%98

温 家宝(おん かほう、簡体字:温 家宝、繁体字:溫 家寶、英語:Wen Jiabao(ウェン・チアパオ)、1942年9月15日 – )は、中華人民共和国の政治家。第6代国務院総理、第16期・第17期中国共産党中央政治局常務委員を務めた。中国共産党の第4世代では、最高指導者である胡錦濤総書記と共に重要な位置を占め、胡錦濤政権における党内序列は胡錦濤総書記・呉邦国委員長に次ぐ第3位であった。
引用元:温家宝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E5%AE%B6%E5%AE%9D

国務院総理(こくむいんそうり、英語:Premier of the State Council of the People’s Republic of China)は、中華人民共和国において首相に相当する官職。中華人民共和国の最高国家行政機関である国務院を主宰する。

同国における呼称は中華人民共和国国務院総理(ちゅうかじんみんきょうわこくこくむいんそうり)[1]。建国当初は政務院総理と呼ばれていた。日本語ではそのまま「国務院総理」と表記されることがあるし、また「首相」と訳されることもある。
引用元:国務院総理 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%8B%99%E9%99%A2%E7%B7%8F%E7%90%86

中国の権力構造
「中華人民共和国の最高指導者一覧」および「en:Political position ranking of the People’s Republic of China」も参照
中国の権力機構は、中国共産党、国家機関、行政機関、中国人民解放軍の4つに分かれている。これら権力の関係は、規則と現実が必ずしも一致していないため、理解には注意が必要である。

中国共産党が国家を優越するという政治構造から、中国共産党の最高指導者が中国の最高権力者となる。ただし、中国共産党の最高職である中央委員会総書記(1982年以前は中央委員会主席)が必ずしも党の最高指導者となるとは限らない。中国共産党の党軍であり、事実上の国軍でもある中国人民解放軍の統帥機関である中国共産党中央軍事委員会主席を務める者が中国共産党の最高指導者となる。

なお、1982年以降、中国共産党の建前上の最高権力者は党総書記とされている[2]。中国の国家主席は儀礼的な国家元首であり、中国の事実上の最高指導者は共産党中央軍事委員会主席で、政府の統括は国務院総理が行うが。1993年以降は、就任時期に多少のずれはあるものの、党総書記が党中央軍事委員会主席と国家機関トップの国家主席を兼務しており、不自然さは解消されている。

国家のナンバー2以降の序列は明確でないが、2013年現在では、ナンバー2は国務院総理、ナンバー3は全国人民代表大会常務委員長(国会議長に相当)と見られることが多い[3]。次期党総書記という意味では、中央軍事委員会副主席[4] も重要である。
引用元:中華人民共和国の政治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%94%BF%E6%B2%BB