black tea【2】スリランカ【3】ケニヤ

紅茶の生産量が
世界一多い国はどこ?
ベトナム
インド(答)
中国
スリランカ
59%

011BrzMbtF
次の茶の種類と
その発酵に基づく分類の
正しい組み合わせを選びなさい
青茶───半発酵茶
紅茶───完全発酵茶
緑茶───不発酵茶
引用元:緑茶「不発酵茶」青茶「半発酵茶」紅茶「完全発酵茶」 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/19951/


ディンブーラ
キャンディ
ヌワラエリヤ
ウバ
パキスタン
インドネシア
中国
スリランカ(答)
64%


日本ではその香りが「正露丸」に
例えられる、「正山小種」と
表記する中国の紅茶は
◯◯◯◯・スーチョン?
ラプサン(答)
引用元:スリランカの紅茶「ヌワラエリヤ」「ディンブーラ」「キャンディ」「ウバ」 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/32380/

紅茶(こうちゃ、英:Teaまたはblack tea)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。

日本語の紅茶の語源はその抽出液の水色(すいしょく)から、また、英語の black tea はその茶葉の色に由来する。茶および tea の語源は茶の項参照。以下では水色を青みのカラーを表す「水色(みずいろ)」と一般には紛らわしいため語を「茶湯の水色」と統一して表記する。

紅茶の生産
紅茶の最大の生産国はインドで、次いでスリランカ、さらにケニア、トルコ、インドネシアと続く。中国は茶の生産全体ではインドとスリランカの間に入るが、緑茶と区別した統計がないため、詳細は不明である。
引用元:紅茶 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E8%8C%B6

Black tea production

World black tea production is projected to increase to 2.4 million tonnes in 2010, an annual average growth rate of 1.2 percent from 2.15 million tonnes in 2000. This growth would result largely from the improvement in yields.

Most African producers are likely to see significant production growth as tea bushes reach optimum production age, and production skills of small growers improve. For example, production in Kenya would grow by 2.3 percent a year from 236 300 tonnes in 2000 to 304 000 tonnes in 2010, while growth rates in Tanzania and Uganda are expected to be 1.7 percent and 2.7 percent, respectively.[15]

Most producers in Asia would experience a steady growth in production. Indonesia is expected to achieve an annual growth of 1.1 percent, from 130 600 tonnes in 2000 to 147 000 tonnes in 2010. Over the same period, production in India, the world’s largest black tea producing country, is projected to grow by 2.5 percent to 1.07 million tonnes, accounting for nearly 44 percent of global production, compared to 38 percent in 2000. Tea production in Sri Lanka is projected to reach 329 000 tonnes by 2010, an annual average growth rate of 0.7 percent. Black tea production in China is expected to continue to decline to 54 000 tonnes as the balance of production shifts to other teas with stronger market prospects.

The three largest black tea producing countries, India, Kenya and Sri Lanka, are expected to account for 70 percent of the world tea production in 2010, compared to 63 percent in 2000.
引用元:Tea http://www.fao.org/3/y5143e/y5143e0z.htm