日本【2】鉱工業【3】電気ガス水道

次の産業のうち
第二次産業に分類されるのは?
林業
水産業
鉱業(答)
農業
50%

第二次産業(だいにじさんぎょう、英: secondary sector of industry)は、コーリン・クラークによる古典的な産業分類の一つ。

概要
第二次産業には、第一次産業が採取・生産した原材料を加工して富を作り出す産業が分類される。クラークによれば製造業、建設業、電気・ガス業がこれに該当する。 日本では鉱業も第二次産業に含まれ、電気・ガス業が第三次産業に分類される。
引用元:第二次産業 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E7%94%A3%E6%A5%AD

コーリン・グラント・クラーク(Colin Grant Clark、1905年11月2日 – 1989年9月4日)は、イギリス・ロンドン出身の経済学者。

コーリン・クラークの産業分類
第一次産業 - 農業、林業、鉱業、水産業など、狩猟、採集。
第二次産業 - 製造業、建設業など、工業生産、加工業。電気・ガス・水道業
第三次産業 - 情報通信業、金融業、運輸業、販売業、対人サービス業など、非物質的な生産業、配分業。
なお、現代日本の産業分類では「鉱業」は第二次産業、「電気・ガス・水道業」は第三次産業に分類されている。
引用元:コーリン・クラーク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF