【東北】アパラチア山脈【北西】ロッキー

セント・ヘレンズ山や
シャスタ山、レーニア山などが
あるアメリカ西海岸の山脈
といえば◯◯◯◯◯山脈?
ーパスアケ
チカドロラ
カスケード(答)
30%

カスケード山脈(カスケードさんみゃく、[英] Cascade Range)は、北アメリカ大陸の西海岸沿いを南北に走る山脈であり、ハイ・カズケーズ([英] High Cascades)と呼ばれる火山群で知られている。カスケード山脈はカナダ・ブリティッシュ・コロンビア州からアメリカ・カリフォルニア州北部のシャスタ・カスケード地方まで連なっており、カスケード山脈のうち、ブリティッシュ・コロンビア州の一帯は特にカスケード山地(カスケードさんち、[英] Cascade Mountains)と呼ばれている。カスケード山脈は、単にカスケーズ([英] Cascades)と省略して呼ばれることもある。

カスケード山脈は環太平洋火山帯の一部であり、アメリカ本土で発生した歴史的な火山噴火はすべてカスケード山脈の火山で発生している。20世紀に起こった有名な噴火は2回あり、1回目は1914年から1921年にかけてカリフォルニア州北部のラッセン山で、2回目は1980年にワシントン州南部のセント・ヘレンズ山で発生した。
引用元:カスケード山脈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%89%E5%B1%B1%E8%84%88

アパラチア山脈(Appalachian Mountains)は、カナダ及びアメリカ合衆国東北部に位置し、北東から南西方向に全長約2,600kmにわたって延びる丘陵・山脈。狭義では、そのうちのウエストバージニア州、バージニア州、ケンタッキー州、テネシー州、ノースカロライナ州等の南側の部分のみを指すこともある。
引用元:アパラチア山脈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%81%E3%82%A2%E5%B1%B1%E8%84%88

シエラネバダ山脈(シエラネバダさんみゃく、Sierra Nevada 英語: [siˈɛrə nᵻˈvɑːdə, nᵻˈvædə], スペイン語: [ˈsjera neˈβaða]、スペイン語で「雪の山脈」の意)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州東部を縦貫する山脈である。「Sierra」はスペイン語で「山地」を意味することから、シエラ・ネバダ或いはネバダ山脈とも表記される。

「ハイシエラ(High Sierra/High Sierras)」とも呼ばれる。
引用元:シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%80%E5%B1%B1%E8%84%88_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD)