リュウゼツラン属

ロープなどに使われる植物
サイザル麻の名前の由来となった
港町シサルがある国は?
ウルグアイ
ブラジル
メキシコ(答)
キューバ
43%

シサル(Sisal)は、メキシコのユカタン州北西部に位置する港町である。マヤ語ではZizal kin(涼しい場所)と呼ばれていた。19世紀前半から商業用の港として発展し、シサル港からユカタン州で栽培されたサイザル麻(Sisal Hemp)が輸出されるようになると、大きく発展した。19世紀後半になると、より大規模なインフラストラクチャーを兼ね備えた港が必要となり、シサルの東にプログレソという新しい港が建設された。 その後、シサルは商業用の港としては衰退し、最近に至るまで小さな漁村として存在していた。
引用元:シサル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B5%E3%83%AB

Sisal (Spanish pronunciation: [siˈsal]) is a seaport town in Hunucmá Municipality in the state of Yucatán, Mexico. It was the principal port of Yucatán during the henequen boom, later overshadowed when the more modern port of Progreso was built to the east. It lent its name to the agave-derived sisal fiber which was shipped through this port.
引用元:Sisal, Yucatán – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Sisal,_Yucat%C3%A1n

サイザルアサ(学名:Agave sisalana)は、キジカクシ科リュウゼツラン属の植物、またはこれから取れるロープなどに使う繊維。

特徴
アサの仲間ではないが、歴史的に最も使われてきた繊維である麻にちなんで「サイザルアサ」と命名された。「サイザル」は、この繊維が以前よく船で積み出しされていたユカタン半島のサイザル港にちなむ。

ダーツ(ハードダーツ)の的の材料としても知られており、束ねた繊維を約10トンでプレスして生産する。
引用元:サイザルアサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%B5

「テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観」はメキシコの世界遺産のひとつ。メキシコの特産品であるリュウゼツランから造られる蒸留酒は、ハリスコ州テキーラ市周辺の限られた原料・製法で作られたもののみをテキーラ、それ以外のものをメスカルと呼んで区別する。世界遺産に登録されているのは、テキーラの原料となるリュウゼツランの一種(テキラリュウゼツラン)の栽培地や醸造所群が中心となっている。
引用元:テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%8F%A4%E3%81%84%E7%94%A3%E6%A5%AD%E6%96%BD%E8%A8%AD%E7%BE%A4%E3%81%A8%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%84%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%99%AF%E8%A6%B3