25℃≦低<34℃、34℃≦温泉<42℃、42℃≦高

箱根温泉郷
由布院温泉
下呂温泉
道後温泉
硫酸塩泉
アルカリ性単純温泉(答)
放射能泉
炭酸水素塩泉
57%

日本の温泉法の分類で
高温泉とは42℃以上のものですが
低温泉とは25℃以上◯◯℃未満
のもの? ◯を答えなさい
34(答)
36%

引用元:【鉱泉分析法指針】25≦低<34、42≦高 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/48247/

この項目では、温泉の分類についての泉質(せんしつ)を述べる。

療養泉の分類
療養泉の泉質には主に掲示用泉質名、旧泉質名、新泉質名の3種類があり、温泉の紹介等で用いられる。新泉質名は、1979年(昭和54年)にそれまで用いられていた旧泉質名に代わるものとして導入された。だが旧泉質名のほうが分かりやすいこともあって、実際には両方が併用されている。

療養泉
療養泉の掲示用泉質名は、以下の11分類である。掲示用、新旧泉質の対照表については外部リンクを参照のこと。

単純温泉 – 溶存物質量(ガス性物質を除く)1g/kg未満かつ湯温が摂氏25度以上のもの。
単純温泉
塩類泉 – 溶存物質量(ガス性物質を除く)1g/kg以上含有するもの。温度不問。
二酸化炭素泉
炭酸水素塩泉
塩化物泉
硫酸塩泉
特殊成分を含む療養泉 – 指定された特殊成分を一定の値以上に含むもの。温度不問。
含鉄泉
含アルミニウム泉
含銅-鉄泉
硫黄泉
酸性泉
放射能泉
引用元:泉質 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%89%E8%B3%AA

単純温泉(たんじゅんおんせん)は、掲示用泉質名に基づく温泉の泉質の分類の一種。療養泉に分類される泉質である。

概要
温泉水1kg中の溶存物質の含有量が1g未満の温泉が該当する。含有成分量が少ないことにより、刺激が少なく肌にやさしい。概ね無色透明で無味無臭。

単純温泉は成分の少ない単なる湯、質の低い温泉だと誤解されやすい。単純温泉とは、成分の含有量だけを評価したものであり成分の種類について規定したものではない。よって単純温泉とひとくくりにしても個々の泉質は多岐にわたるため単純な比較・分類はできない。成分の組成比によって、各種泉質の性質を帯びることもあるし、様々な成分を少量ずつ含んだバランスの良い泉質となっているものもある。

代表的な温泉地
小原温泉(宮城県)
飯坂温泉(福島県)
土湯温泉(福島県)
箱根湯本温泉(神奈川県)
塩原温泉(栃木県)
伊東温泉(静岡県)
浅間温泉(長野県)
道後温泉(愛媛県)
引用元:単純温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E7%B4%94%E6%B8%A9%E6%B3%89