「トランペット型」ジャンクション 下方丸い連結部分がトランペットに似ている

064dRAznlSdeJ
このような形状をした
インターチェンジを何型という?
(画像出題)
クローバー型
ロータリー型
タービン型
トランペット型(答)

インターチェンジ(英: interchange[※ 1][※ 2])とは、複数の道路が交差する、又は近接する箇所において、その道路の相互を連結するランプを設けて、これらの道路を立体的に接続する構造の施設である。
>日本でのインターチェンジは、その多くが道路法(昭和二十七年六月十日法律第百八十号)第四十八条の三に定義された「自動車専用道路の部分を道路、軌道、一般自動車道又は交通の用に供する通路その他の施設と交差させようとする場合の当該交差の方式」に規定された立体交差となる施設であり、インターチェンジの所属する道路の道路管理者(国土交通省、道路管理会社、都道府県等)が管理し名称等を決定している。
>インターチェンジ形状には、全ての車線で平面交差を許容しない「完全立体交差型」と、1箇所以上の平面交差を容認する「不完全立体交差型」に区分できる[1]。前者の代表格がトランペット型やハート型(Y字型)で、高速道路相互または高速道路と一般道路との接続に多く用いられる。後者の代表格がダイヤモンド型やT型(平面Y型)で、高速道路と交通量の多くない一般道路、あるいは一般道路同士の接続に多く用いられる。
引用元: インターチェンジ – Wikipedia.

ランプ(英:ramp, 傾斜する、勾配をなす、傾斜路)もしくはランプウェイとは、高低差のある場所を連結する道路の一形態。特に道路交通においては、相互の道路を連結、もしくは高さの異なる道路間を連結するための車道のことである[1]。なお、ジャンクション(英:junction)は、接合点、合流点のこと。
引用元: ランプ (道路) – Wikipedia.

今更ジャンクションの種類なんて~という感もありますが、小ネタとして一般的なジャンクションの種類をここで整理してみようと思います。なお、ランプ・インターチェンジ(IC)・ジャンクション(JCT)については以下の定義とし、ここでは高速道路同士を連結するジャンクションのみを取り上げることとします。
>(1)トランペット型
上の画像は滋賀県米原市の米原JCTの上空写真。
横に走っている名神高速道路と上に伸びる北陸自動車道を接続しています。
トランペット型ジャンクションの特徴的な構造は下の画像の赤い部分。
複数ある連絡道路のうち、くるっと回められている連絡道路が特徴的な構造です。
ここがトランペットに似ていることから、「トランペット型」と呼ばれています。
>(3)クローバー型
日本では佐賀県鳥栖市の鳥栖JCTでしか見られないジャンクションです。
ちょっと色々あるので、高速道路の本場であるドイツから画像を持ってきました。
あんまりよくわかりませんが、「Saale-Holzland-Kreis」というところにあるE40とE51のジャンクションのようです。
>(4)タービン型
回転機械とでも言うべき「タービン」の名前を冠したジャンクション。立体交差に伴う高架橋が何カ所も必要となることから、工事費は結構かさみます。しかしながら、織込み交通(後述)の問題は発生せず、比較的緩やかなカーブ半径を確保でき、近年の技術進歩を追い風に新規で建設されるジャンクションはこのタービン型が多くなりました。
引用元: ジャンクションの形状概説 – Light EXPRESS(Blog).