【若狭町】常(つね)神社

三方五湖の北西から若狭湾に
突き出ている福井県の半島
常神半島
つねがみはんとう(答)
46%

常神半島(つねがみはんとう)は、福井県三方郡美浜町と同県三方上中郡若狭町に属する、敦賀半島と共に若狭湾に突出することで美浜湾を分ける半島である。

概要
花崗岩からなる半島で、若狭湾の支湾である美浜湾の西端を固める。若狭湾国定公園の一部であり、三方五湖や三方五湖レインボーラインが近くにあるため観光スポットとしても人気がある。半島先端の常神岬には常神岬灯台が建っている。
引用元:常神半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E7%A5%9E%E5%8D%8A%E5%B3%B6

三方五湖(みかたごこ)とは、福井県三方郡美浜町と同県三方上中郡若狭町にまたがって位置する5つの湖の総称で、周囲には梅畑が広がる。国指定の名勝[1]で、若狭湾国定公園に属する。2005年11月8日付でラムサール条約指定湿地に登録されている。2015年(平成27年)4月24日、「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 – 御食国(みけつくに)若狭と鯖街道 – 」の構成文化財として日本遺産に認定される[2]。
引用元:三方五湖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%96%B9%E4%BA%94%E6%B9%96