「ティミショアラ」ティミシュ県都「ルーマニア革命の発端」 イオン・「イリエスク」ルーマニア革命後の大統領

157IBwxuSqeie
1989年12月16日に
ルーマニア革命につながる
最初の市民蜂起が起きた
ルーマニア西部の都市は?
シラアミョィテ
→ティミショアラ

761xExdogtNJn
1989年にルーマニア革命で
チャウシェスク政権が崩壊すると
翌年大統領に就任した政治家は
イオン・◯◯◯◯◯?
トティータ
イエースタ
バリヒリョ
→イリエスク
「イオン・イリエスク」

ティミショアラ(Timişoara ルーマニア語Timisoara.ogg /timiˈʃo̯ara/[ヘルプ/ファイル]、ハンガリー語:Temesvár テメシュヴァール、ドイツ語:Temeswar/Temeschburg テメシュブルク、セルビア語:Темишвар/Temišvar テミシュヴァール、トルコ語:Tamışvar またはTemeşvar タムシュヴァル)は、ルーマニア西部トランシルヴァニア地方の都市。行政的にはバナト地方に属し、ティミシュ県の県都で、ルーマニア第4の人口を誇る。
>都市の名はティミシュ川に由来する。ティミシュ川は古代ローマではティビシスまたはティビスクス川として知られていた。ティミショアラには多数の少数民族がおり、多文化都市となっている。
>1989年12月16日、ニコラエ・チャウシェスクの指導する共産党政権に対する蜂起がティミショアラで起こった。ハンガリー改革派教会の牧師ラースロー・テーケーシュ(英語版)を解任しようとした秘密警察に対して、市民がテーケーシュを支援したのである。
このティミショアラの蜂起はルーマニア革命の始まりとなり、1週間後のチャウシェスク政権の崩壊とルーマニアの自由化へと繋がるターニングポイントとなった。
引用元: ティミショアラ – Wikipedia.

イオン・イリエスク(ルーマニア語: Ion Iliescu、1930年3月3日 – )は、ルーマニアの政治家。大統領(第2、4代)、救国戦線評議会議長(初代)、社会民主党議長を歴任。
政府中枢からの旧共産党員排除の不徹底や、ルーマニア革命での銃撃戦の真相究明を求める国民運動への弾圧、経済政策の失敗などで、非共産党系のエミル・コンスタンティネスク政権誕生(無血革命)を招いた。
>1956年に青年連盟中央委員会書記、1965年に党中央政治局、1967年に青少年関係問題相と順調に出世する。しかしニコラエ・チャウシェスクにより、ティミシュ県の副市長、1974年からヤシ県の副市長を任命され、国政から排除される。
>1989年、ルーマニア革命により共産党政権が崩壊し、政権を掌握した救国戦線の評議会議長に就任、暫定的に国家元首になる。
1990年1月、救国戦線を政党に移行するため暫定国家統一評議会を設立、議長に就任し正式に国家元首になる。
引用元: イオン・イリエスク – Wikipedia.