「ミグアシャ」自然公園 デボン紀の地層 カナダ・ケベック州 「エウステノプテロン」

004KoROhbMGeo
カナダにある世界自然遺産は
「◯◯◯◯◯自然公園」?
ミグアシャ
「ミグアシャ自然公園」
Miguasha National Park

CIMG0533FeYKIHvVCQCZ
次の文字列を順に選んで
デボン紀に生息していた
両生類の祖先に近い魚類の
名前にしなさい
エウ
ステ
ノプテ
ロン
「エウステノプテロン」

ミグアシャ国立公園はカナダ・ケベック州にある自然保護区である。この公園はデボン紀の化石、特に魚類から四肢動物への進化を考える上で重要な化石が多く出土している点に特色があり、ユネスコの世界遺産にも登録されている。デボン紀の地層で世界遺産に登録されているのは、2008年時点ではここだけである[1]。
>肉鰭綱は、脊椎動物の中で、水棲と陸棲の橋渡しを確信させる魚のグループを形成している。実際にこのグループでは、骨盤のヒレは大腿骨、脛骨、腓骨で胴体に繋がっているのに対し、胸ビレが上腕骨、橈骨、尺骨によって胴体に接合されていることが確認できるのである。
エウステノプテロン・フォールディ(Eusthenopteron foordi)は一世紀の間、魚類と四肢動物を架橋する存在と考えられてきた。以下の9種の肉鰭綱がミグアシャで見つかった。
引用元: ミグアシャ国立公園 – Wikipedia.