【太平洋】阿武隈川【日本海】阿賀野川

次の川を
流れ込んでいる海ごとに
グループ分けしなさい
【太平洋】北上川、木曽川、阿武隈川
【日本海】九頭竜川、阿賀野川、江の川
36%

043RAtPzjh
福島県の旭岳に源を発して山形県
宮城県の3県を流れる、東北地方
有数の河川といえば何?
川隈蔵泰大
子武阿野賀
阿武隈川(答)


福島県の会津盆地から西へ流れ新潟県で日本海に注ぐ長さ210キロメートルの川は?
阿賀野川(答)


次の日本の河川を
長い順に選びなさい
利根川
石狩川
北上川
最上川
木曽川
天竜川
阿賀野川
四万十川
引用元:最上川 阿賀野川 四万十川 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/42123/

北上川は源を岩手県岩手郡岩手町御堂に発し、岩手県の中央をほぼ北から南に流れ、一関市下流の狭窄部を経て宮城県に入り、登米市津山町付近で北上川と旧北上川に分派します。北上川は、石巻市北上町で追波湾に注ぎ、旧北上川は迫川・江合川と合流して、石巻市で石巻湾に注ぎます。

その流域には東に北上山地、西に奥羽山脈の高峰が連なり、これらの山地から流入する数多い支川を合わせて北から南に流下する、幹川流路延長約249km(全国第5位)、流域面積約10.150km2(全国第4位)の東北最大の河川です。
引用元:北上川の概要と歴史|河川の概要と歴史|国土交通省 東北地方整備局 北上川下流河川事務所 http://www.thr.mlit.go.jp/karyuu/history/kitakami.html

木曽川(きそがわ)は、長野県から岐阜県、愛知県、三重県を経て伊勢湾に注ぐ木曽川水系の本流で一級河川、いわゆる木曽三川の一つ。源流部では、「味噌川」(みそがわ)とも呼ばれる。
引用元:木曽川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9B%BD%E5%B7%9D

阿武隈川本川は、その源を福島県西白河郡西郷村に位置する旭岳(標高1,835m)に発し、阿武隈山地や奥羽山脈から流れ出る社川、釈迦堂川、大滝根川、荒川、摺上川等の支川を合わせながら福島県中通 り地方を貫流し、福島・宮城県境の狭窄部を抜け、白石川を合わせて、岩沼市、亘理町の境で太平洋に注ぐ一級河川です。
引用元:阿武隈川 http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/b00037/k00290/river-hp/kasen/outline/kokudo/kasen/0012.html

九頭竜川は、その源を福井県と岐阜県の県境の油坂峠(標高717m)に発し、石徹白川、打波川等の支川を合わせ、大野盆地に入り真名川等の支川を合わせ、福井平野(越前平野)に出て福井市街地を貫流し日野川と合流、その後は流れを北に変え日本海に注ぐ、幹川流路延長116km、流域面積2,930kmの一級河川です。
引用元:九頭竜川水系 |河川 |国土交通省近畿地方整備局 https://www.kkr.mlit.go.jp/river/kasen/kuzuryugawa.html

阿賀野川(あがのがわ)は福島県・群馬県に源流を持ち、新潟県を流れ日本海に注ぐ日本の河川。国が指定した一級水系阿賀野川水系の本流であり一級河川に指定されている。阿賀野川水系としての本流指定部分は一級河川阿賀野川と一級河川阿賀川(あががわ)であり、その全長は 210キロメートル(日本第10位)、流域面積 7,710平方キロメートル(日本第8位)。また、下流部の河川水流量は日本最大級の一級水系である。
引用元:阿賀野川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E8%B3%80%E9%87%8E%E5%B7%9D

江の川は,その源を広島県山県郡北広島町阿佐山(標高1,218m)に発し,小支川を合わせながら,広島県北部の中心都市三次市で馬洗川,西城川および神野瀬川を三方より合流し,狭窄部となって島根県に入り,出羽川,八戸川などを合わせて江津市で日本海に注ぐ,幹川流路延長194km,流域面積3,900平方kmの一級河川です。
引用元:江の川 http://www.cgr.mlit.go.jp/cginfo/syokai/busyo/kasen/suikei/gouno.htm