Bob Hawke

1989年にAPEC(アジア
太平洋経済協力)を提唱した
オーストラリア首相は
ボブ・◯◯◯?
ホンク
ライナ
ハッス
ホーク(答)
31%

ボブ・ホーク(ロバート・ジェイムズ・リー・ホーク、Robert James Lee Hawke AC, Companion of the Order of Australia(オーストラリア女王から送られる称号)、1929年12月9日 – 2019年5月16日[1] )は、オーストラリアの政治家。元オーストラリア労働組合の代表、第23代オーストラリア首相。首相在任中にアジア太平洋経済協力(APEC)を提唱したことで知られる。馬主。

南オーストラリア州ボーダータウン出身。10年間、オーストラリア労働組合評議会 (Australian Council of Trade Union, ACTU) の代表を務め、1980年に政治家になり、その3年後には首相に就任する。労働党所属の首相では史上最長(2006年6月現在)の任期を務めた。(任期: 1983年3月11日 – 1991年12月20日)
引用元:ボブ・ホーク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF

1. APECの概要
・アジア太平洋地域の21の国と地域(エコノミー)が参加する経済協力の枠組み。(1989年に閣僚会議として開始。1993年から首脳会議も開始。事務局はシンガポールに所在。)
・アジア太平洋地域の持続可能な成長と繁栄に向けて、貿易・投資の自由化・円滑化や地域経済統合の推進、経済・技術協力等の活動を実施。
・APECの取組は、自主的、非拘束的、かつコンセンサスに基づく協力が特徴。
・ビジネス界と緊密に連携している点も特徴。APECビジネス諮問委員会(ABAC)が、ビジネス界の重視する課題を首脳に直接提言。
2. APECにおける日本の役割
・アジア太平洋地域は、(1)「自由で開かれたインド太平洋」の重要な一部、(2)「世界の成長センター」。世界人口の約4割、貿易量の約5割、GDPの約6割を占める重要な地域 。
・APECの長期目標であるボゴール目標(1994-2020)(注)の次の指針となるAPECポスト2020ビジョンの重要な一部、(2)の策定が、2020年のAPECの最重要課題。
引用元:APECの概要|外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/apec/soshiki/gaiyo.html

APECは、1989年にオーストラリアのホーク首相の提唱で、日本・アメリカ合衆国・カナダ・韓国・オーストラリア・ニュージーランド及び当時の東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟6か国の計12か国で発足し、同国のキャンベラで閣僚会議(Ministerial Meeting)を開催した。また、1993年には米国のシアトルで初の首脳会議(Economic Leaders’ Meeting)がもたれた。この時にボンバージャケットを各国首脳が着用したが、これ以降に開かれているAPECの会議で参加者が主催国の伝統衣装を着る慣例の始まりとなった[10]。

現在は首脳会議、外相・経済担当相による閣僚会議をそれぞれ年1回開いている。シンガポールに常設の事務局を置き、開催国から任期1年で事務局長が選任されている[11]。参加しているメンバーは、21カ国・地域で、2012年現在、人口では世界の41.4%、GDP(国内総生産)では57.8%、貿易額では47%を占めている。

APECは、開かれた地域協力によって経済のブロック化を抑え、域内の貿易・投資の自由化を通じて、世界貿易機関(WTO)のもとでの多角的自由貿易体制を維持・発展することを目的としてきたが、近年のWTOの新ラウンドの停滞や自由貿易協定締結の動きの活発化などによって、その存在意義が問われている。
引用元:アジア太平洋経済協力 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%8D%94%E5%8A%9B