634「正三角形をず~っとだんだん丸にしたからね。」

代表作に「そりのあるかたち」
シリーズがある彫刻家で
東京スカイツリーのデザイン監修
を安藤忠雄と共に務めたのは?
戸谷成雄
宮田亮平
土屋公雄
澄川喜一(答)
59%

澄川 喜一(すみかわ きいち、1931年5月2日 – )は、島根県出身の彫刻家。元東京芸術大学学長。新制作協会会員、2006年には同協会委員長を務めた。日本芸術院会員、文化功労者。金沢美術工芸大学客員教授。東京芸術大学名誉教授。

島根県芸術文化センター グラントワセンター長・石見美術館長、財団法人横浜市芸術文化振興財団理事長を務める。

人物
島根県六日市町(現・吉賀町)生まれ。山口県立岩国工業高等学校機械科卒業。東京芸術大学美術学部彫刻科卒業。大学卒業後に助手として採用され、同大学専任講師、助教授を経て教授。 東京芸術大学学長を歴任。

「そりのあるかたち」シリーズで知られる作家。新制作協会会員。1998年に紫綬褒章、その他紺綬褒章、日本芸術院賞、日本芸術院恩賜賞などを受賞。

安藤忠雄と共に、東京スカイツリーのデザイン監修を務める。
引用元:澄川喜一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%84%E5%B7%9D%E5%96%9C%E4%B8%80

タワーの水平方向の断面は地面真上では正三角形であるが、高くなるほど丸みを帯びた三角形に変化し、H320で円となる。概観は「起り」(むくり)や日本刀の緩やかな「反り」(そり)の曲線を生かした日本の伝統建築の発想を駆使し、反りの美的要素も盛り込まれている[16]。このため、タワーを見る方角によっては傾いているようにも裾が非対称になっているようにも見える。
引用元:東京スカイツリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC

宮田 亮平(みやた りょうへい、1945年6月8日 – )は、日本の金属工芸家、第22代文化庁長官、第9代東京芸術大学学長。東京芸術大学名誉教授。

代表作にイルカをモチーフにした「シュプリンゲン(Springen)」シリーズがある[1]。故郷の佐渡島から上京する際、フェリー船上から見たイルカの群れをモチーフとしたシリーズで、世界各地で展覧会が開催されている[2]。シュプリンゲンは三越日本橋本店新館エンブレムにも採用されている[3]。
引用元:宮田亮平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E7%94%B0%E4%BA%AE%E5%B9%B3

彫刻家をこころざして東京藝術大学に進学した澄川は、塑造(そぞう)を中心とする具象表現の基礎を徹底的に学びました。彫刻専攻科を修了後は藝大で教職につきながら数々の作品を発表、やがて、木や石などの自然素材に対する深い洞察をへて、日本固有の造形美と深く共鳴する抽象彫刻「そりのあるかたち」シリーズに展開します。このテーマは、今なお追究し続ける澄川のライフワークとなっています。

一方で、公共空間における造形の分野でも精力的に作品を発表していきます。東京湾アクアライン川崎人工島「風の塔」や東京スカイツリー®のデザイン監修など、都市の巨大構造物に関わる多彩な仕事でも注目されました。横浜市内においても野外彫刻や多くの公共造形物を手がけ、2013年には横浜文化賞を受賞、横浜市や郷里をはじめとして日本各地で文化貢献に尽くしてきました。
引用元:澄川喜一 そりとむくり | 横浜美術館 https://yokohama.art.museum/special/2020/sumikawakiichi/

戸谷成雄(とや しげお、1947年12月24日 – )は日本の彫刻家。武蔵野美術大学名誉教授。[1]

経歴
長野県生まれ、埼玉県在住。1975年愛知県立芸術大学大学院彫刻専攻修了。1974年に初個展を開催し、1984年から「森」シリーズ、1994年から「《境界》から」シリーズ、2000年頃から「ミニマルバロック」シリーズなど発表。チェーンソーで木材を削ることで成形する彫刻作品を手がけてきた。ポスト・ミニマリズム、もの派以降解体された「彫刻」の再構築と新たな可能性を探る戸谷の作品は、彫刻の定義や構造を骨組みとして提示しつつ、作家によって提示された概念である「表面」「境界」「関係」「影」「存在」といった問題に切り込んでいる。
引用元:戸谷成雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%B8%E8%B0%B7%E6%88%90%E9%9B%84

土屋 公雄(つちや きみお、1955年2月2日 – )は、日本の彫刻家、環境造形アーティスト。愛知県立芸術大学美術学部教授、武蔵野美術大学建築学科客員教授、日本大学芸術学部客員教授。

「所在/記憶」をテーマとし、解体された家屋の廃材や灰を素材とした作品は、国際的な現代美術展へも数多く出品。さらに世界各地より招待され、その土地や人々の記憶を刻むパブリックアートなどの彫刻作品を制作。国内では丸ビル正面エントランスに設置されたモニュメントや、東京空襲犠牲者追悼の平和モニュメント制作でも知られている。近年は「場」や「地域」の歴史・文化や環境に関わる、サイトスペシフィックなアートプロジェクトを展開している。
引用元:土屋公雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B1%8B%E5%85%AC%E9%9B%84