【西アジア】アルメニア【東ヨーロッパ】アルバニア

旧ソ連を構成した共和国
第2の都市はクマイリ
セヴァン湖はコーカサス地方最大
首都はエレバン
ウクライナ
アルメニア(答)
モルドバ
トルクメニスタン
0%

アルメニア共和国(アルメニアきょうわこく、アルメニア語: Հայաստանի Հանրապետություն)、通称アルメニアは、ユーラシア大陸の南コーカサスの内陸国である。西アジアのアルメニア高原に位置し[3] [4]、西にトルコ、北にジョージア、東に事実上の独立した共和国アルツァフ共和国とアゼルバイジャン、南ではイランとアゼルバイジャンの飛び地ナヒチェヴァンに国境を接している[5]。
引用元:アルメニア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%82%A2

(1)アルメニア
黒海とカスピ海の間の南カフカス地方の中央に位置する。アケメネス朝ペルシアの支配の後、独立した王国となったが、ローマとパルティア、ササン朝との長い抗争の地となった。4世紀はじめに世界で最初にキリスト教を国教とし、アルメニア教会が成立した。しかし7世紀にイスラーム化し、近代にはトルコ、ロシア間の紛争地帯となる。
引用元:アルメニア https://www.y-history.net/appendix/wh1301-059_1.html

セヴァン湖(Sevan、アルメニア語: Սևանալիճ、アゼルバイジャン語: Göyçə gölü、トルコ語: Gökçe Gölü、ペルシア語: گوگچه تنگیز‎)はアルメニア・ゲガルクニク地方にある湖。アルメニア最大の湖で、大規模な湖としては世界で最も高地にあるものの一つ(海抜約1900m)。

一部の水のみ北西のフラズダン川へ流出し、これはクラ川に流入してカスピ海へ注ぐが、乾燥地帯にあるため90%の水は直接蒸発している。ソ連時代にはフラズダン川を通して灌漑に大量使用されたため、水量が大幅に減ってしまった。面積は1949年に1360km2だったが、2005年には940km2となっている。

水位の低下により、セヴァナヴァンク教会のあるかつてのセヴァン島は、現在半島になっている。
引用元:セヴァン湖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E6%B9%96

南コーカサス(みなみコーカサス)あるいはザカフカジエ(ロシア語:Закавказье,ラテン文字転写例: Zakavkazʹe)は、アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージア(グルジア)の3国の総称。ロシア語としては不正確だがザカフカス、ザカフカース、南カフカスとも。また英語ではトランスコーカシア (Transcaucasia)またはトランスコーカサス(Transcaucasus)。

ザカフカジエ、トランスコーカシア(トランスコーカサス)との呼称は、それぞれロシア語・ラテン語で「コーカサス山脈の向こう側」という意味であり、北のロシア側から見た呼称であるため、「向こう側」とは「南側」を意味する。この呼称はモスクワ中心の考えであることから、近年、日本の文献では避けられる傾向がある[1]。なお、厳密にはロシアのソチ周辺は南側、アゼルバイジャンのダヴァヒ県・クバ県・クサル県・シヤザン県・ハヒマズ県・ヒジ県は北側に位置する。
引用元:南コーカサス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%82%B9