カタトゥンボの雷

音の無い雷が発生
湖底から石油が算出
カリブ海とつながる汽水湖
ベネズエラにある湖
チチカカ湖
グレートベア湖
マラカイボ湖(答)
タンガニーカ湖
63%

037NNThREf
通貨単位はボリバル
オリノコ川・マラカイボ湖
南米市の産油国
首都はカラカス
(画像選択肢)
Aボリビアの国旗 首都「スクレ(憲法上)」「ラパス(事実上)」通貨ボリビアーノ
Bコロンビアの国旗 「ボゴタ」「コロンビアペソ」
Cエクアドルの国旗 「キト」「米ドル」
Dベネズエラの国旗(答)

295qEASGSMAxk
ボリバル・フエルテを
通貨単位とする南米の国は?
(南米大陸の画像)
ベネズエラ

マラカイボ湖(マラカイボこ、スペイン語: lago de Maracaibo)はベネズエラ北西にある湖で、塩湖。南アメリカ大陸最大の湖であるが実際は水路によってベネズエラ湾に、さらにはカリブ海、大西洋にもつながっていて海と定義する事もできる。その場合南米最大の湖はチチカカ湖となる。

面積は1万3210km2、南北の長さは159kmある。北部はせまい水路を通じてベネズエラ湾につながっている。カタトゥンボ川、サンタアナ川、チャマ川などが流れこみ、湖水は北部でやや塩分を含んでいる。多数の島が存在する。漁業も盛んだが、アオウキクサ(Lemna)の繁殖が問題となっている。魚類への影響は無いとされるが、船舶の航行に邪魔で、除去できる化学物質や生物学的方法が無く、物理的に引き抜くしかない。

不思議な雷「マラカイボの灯台」
「カタトゥンボの雷」を参照
この湖では音を出さない雷が度々発生しており、現在科学者の手で研究が進められている。マラカイボ湖の南西部のカタトゥンボ川河口部でいつも雷が光る現象(カタトゥンボの雷)は、大航海時代から存在が知られており、船乗りたちから「マラカイボの灯台」(Faro de Maracaibo) と呼ばれ、航海技術が未熟だった時代に航海の安全に寄与した[2]。 尚このマラカイボ湖では、元読売ジャイアンツのジェレミー・ゴンザレス投手が落雷により亡くなっている。

2014年、1時間に走る稲妻の数3600本が認められ、「世界で最も稲妻が多い場所」としてギネス世界記録に認定された[3]。
引用元:マラカイボ湖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%9C%E6%B9%96

カタトゥンボの雷(カタトゥンボのかみなり、スペイン語: Relámpago del Catatumbo)とは、ベネズエラのマラカイボ湖に注ぐカタトゥンボ川の河口上空でのみ見られる気象現象である[1]。ヨーロッパでも大航海時代から存在が知られており、マラカイボの灯台とも呼ばれていた。この現象は世界最大規模の単一の対流オゾン源とされている。

稲妻は上空5キロメートル以上で発生し、年に140〜160夜、1晩10時間にわたり、1時間あたり約280回発光する。特にカタトゥンボ川河口周辺の湖沼地帯でよく発生する。

干ばつの影響とされるが、2010年1月から4月にかけて現象が止んだことがある。

やがて1997年から2000年にかけて、ベネズエラ、カラボボ大学(スペイン語版)の教授ネルソン・ファルコンは現象の小規模物理モデルを世界で初めて考案し、河口周辺の沼から発生するメタンが決定的な要因であることを突き止めた。メタンはマラカイボ湖面におけるウキクサ類の繁殖にも寄与している。
引用元:カタトゥンボの雷 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%81%AE%E9%9B%B7

結晶洞窟を見るチャンスはもうないが、「地球上で最も電気を帯びた場所」を訪れることは可能だ。ベネズエラのカタトゥンボ川とマラカイボ湖が出会う場所では、1年間に200日以上も雷が発生する。1時間に280の雷を観測することもある。一部の科学者は、夜間にイオン化したメタンがたまり、上空の電場が強くなるのではないかと推測している。
引用元:この世の果て? 地獄のような絶景10選 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/120800477/?P=4

Scientific studies
Between 1966 and 1970, Russian researcher Andrei Zavrostky investigated the area three times, with assistance from the University of the Andes. He concluded that the lightning has several epicenters in the marshes of Juan Manuel de Aguas National Park, Claras Aguas Negras, and west Lake Maracaibo. In 1991 he suggested that the phenomenon occurred due to cold and warm air currents meeting around the area. The study also speculated that an isolated cause for the lightning might be the presence of uranium in the bedrock.[12]

Between 1997 and 2000, a series of four studies proposed that the methane produced by the swamps and the mass oil deposits in the area was a major cause of the phenomenon.[13] The methane model is based on symmetry properties of the methane.[clarification needed] Other studies have indicated that this model is contradicted by the observed behaviour of the lightning, as it would predict that there would be more lightning in the dry season (January–February), and less in the wet season (April–May and September–October).[14][15]

A team from the Universidad del Zulia has investigated the impact of different atmospheric variables on Catatumbo lightning’s daily, seasonal and year-to-year variability, finding relationships with the Inter-Tropical Convergence Zone, El Niño–Southern Oscillation, the Caribbean Low-Level Jet, and the local winds and convective available potential energy.[16][17][18][19] Using satellite data, two groups of researchers have provided analyses of the lightning’s location, timing and number of discharges per square kilometer.[clarification needed][20][21][14]
引用元:Catatumbo lightning – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Catatumbo_lightning

コメント

  1. 匿名 より:

    いいね