Ferdinand von Wrangel男爵

「極北のガラパゴス」と呼ばれる
ロシアの島は◯◯◯◯◯島?
ウランゲリ(答)
17%

ウランゲリ島(ウランゲリとう、ロシア語: Остров Врангеля, ラテン文字転写: Ostrov Vrangelya、英: Wrangel Island)は、北極海、東シベリア海とチュクチ海との間にあるロシア領の島。英語名はランゲル島[1]。極東連邦管区のチュクチ自治管区に所属している。大陸とはロング海峡を挟む。経度180度の子午線が通るが、日付変更線は島の東側に引かれている。

概要
アザラシ、レミング、ホッキョクグマの繁殖地となっている。また、夏の間は多くの鳥がやってくる。

島の名前は探検家フェルディナント・フォン・ウランゲルにちなむ[2]。彼はチュクチ族から島の位置を聞いて探索に向かったものの、見つけることはできなかった。島を「発見」したのはアメリカの捕鯨船船長トマス・ロング(Thomas Long)である。
引用元:ウランゲリ島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E5%B3%B6

フェルディナント・フォン・ウランゲル(ヴランゲル;ドイツ語:Baron Ferdinand von Wrangel;フェルジナント・ペトローヴィチ・ヴラーンゲリ;ロシア語:Фердина́нд Петро́вич Вра́нгельフィルヂナーント・ピトローヴィチュ・ヴラーンギェリ;ラテン文字表記の例:Ferdinand Petrovich Vrangel、1796年12月29日(ユリウス暦1797年1月9日) – 1870年5月25日(6月6日))は、ロシア帝国の男爵、ロシア海軍提督、探検家、ロシア科学アカデミー会員。1845年にロシア地理学会を創設したメンバーの一人である。
引用元:フェルディナント・フォン・ウランゲル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB