【浄明正直】

次の神社における神職を
位が高い順に選びなさい
浄階
明階
正階
直階
31%

浄明正直「じょうみょうせいちょく」
きよく、あかるく、ただしく、なおく

156IkBzRRkTcr
次の儀式を
一般的な神前結婚式の
式次第での順番に選びなさい
入場 
修祓の儀 しゅうばつのぎ「浄めのお祓い」
祝詞奏上 のりとそうじょう「祈り」
三三九度の杯「祝杯」
誓詞奏上 せいしそうじょう「誓いのことば」
玉串奉奠 たまぐしほうてん「玉串を捧げ二拝二拍手一礼」
親族杯の儀
引用元:おおにしはじめ大西祝 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/47850/

神職(しんしょく)とは、神道、神社において神に奉仕し祭儀や社務を行う者のことである。

概要
神主(かんぬし)は本来、神社における神職の長を指していたが、現在では神職と同じ意味で用いられる。神官(しんかん)は祭祀を司る職業のこと(神宮直轄)で、第二次世界大戦前は伊勢神宮の「神宮司庁」の祠職のみが呼ばれた。日本国憲法施行以後、神道は国家管理から離れた為、神官は存在しない。

江戸時代までは物忌(伊勢神宮、鹿島神宮)、忌子(賀茂神社)などの名称で女性の職掌も存在し、他の職官でも女性の神職は存在した。しかし、儒教思想に影響を受けた明治政府の宗教政策により、女性神職は存在しなくなった。その後、第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)に男女同権思想と、神社の後継者問題(主に出征した神職の戦死、長期未帰還など)の面から、再び女性神職が認められるようになっている[1]。

階位
神社本庁では、「階位検定及び授与に関する規程」により、以下の5つの階位区分がある。明階までは所定の研修を受けることにより昇進が可能である。なお、階位の名称は神道で徳目とする「浄明正直」(浄く明く正しく直く)から取られたものである。

浄階(じょうかい)
階位の最高位で、長年神道の研究に貢献した者に与えられる名誉階位。
明階(めいかい)
別表神社の宮司及び権宮司になるために必要な階位。この階位であれば、勅裁を要する伊勢神宮の大宮司以外ならどこの神社の宮司にもなれる。
正階(せいかい)
別表神社の禰宜及び宮司代務者になるために必要な階位。
権正階(ごんせいかい)
一般神社の宮司及び宮司代務者、別表神社の権禰宜になるために必要な階位。
直階(ちょっかい)
一般神社の禰宜及び権禰宜になるために必要な階位。
引用元:神職 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%81%B7

神道では浄明正直(じょうみょうしょうじき)、つまり清く明るく、直(なお)く正しくうるわしい心を大切にしていますから、神さまのおはします神殿も常に清々(すがすが)しくあることを理想とします。
引用元:神社と祭神 – 東京都神社庁 http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/qa/jinja_saijin/