【渡辺仁】第一生命館(DNタワー21)

様式建築の名手
鳩山会館
ニコライ堂の改修
明治生命館
岡田信一郎(答)
渡辺仁
村野藤吾
佐藤功一
38%

249SFskvLbtZk
次のうち、戦後
GHQの本部が置かれた
こともある建物はどっち?
(画像選択肢)
A明治生命館 アメリカ極東空軍司令部
B第一生命館(答)総司令部本部
引用元:GHQ本部が置かれたビル 第一生命館 薄茶で後方のビルと一体の建物 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/13259/


次の東京にある建物と設計者の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A明治生命館───岡田信一郎
B第一生命館(DNタワー21)───渡辺仁
C国立代々木競技場───丹下健三
引用元:【第一生命館(GHQ)】渡辺仁 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/40923/

103YGWRxcPCyQ
東京の神田駿河台にあるこの建物
を設計したイギリスの建築科は?
(画像出題)
コッミンル
ラドシブー
コンドル(答)
「ニコライ堂」コンドル設計
Josiah Conder

コンドルは「鹿鳴館」も設計しているようです。
CIMG9123XvfyvHXKvZst
薩摩藩出身の武士
英国公使パークスを襲撃から守る
滋賀県知事、京都府知事を歴任
鹿鳴館の名付け親
樺山資紀 かばやますけのり
大山巌 おおやまいわお
栗本鋤雲 くりもとじょうん
中井櫻州(答)なかいおうしゅう
引用元:「コンドル」神田駿河台「ニコライ堂」「鹿鳴館」を設計したお雇い外国人 中井櫻州「鹿鳴館」命名者 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/11907/

岡田 信一郎(おかだ しんいちろう、1883年(明治16年)11月20日 – 1932年(昭和7年)4月4日)は、大正・昭和初期に活躍した建築家である。大阪市中央公会堂(原案)や東京府美術館、歌舞伎座、明治生命館などの設計で知られる。

ニコライ堂修繕(1930年) – コンドル実施設計の建物が関東大震災で罹災し、岡田が復興工事を担当。教会側の意向によりドームと鐘楼のデザインは大幅に変更された[4]。国の重要文化財。
博報堂(1930年) – 広告代理店の旧本社ビル。2010年取壊し。跡地に建てられたテラススクエアの一角に外観を再現している。
明治生命館(1934年) – 工事着工後、岡田は病状が悪化し、定礎式(1932年)を目前に逝去。弟の岡田捷五郎が引継いで完成させた。国の重要文化財。
琵琶湖ホテル(1934年) – 現びわ湖大津館。和風意匠の原案がまとまった段階で岡田は逝去。弟の捷五郎が設計変更のうえ着工し、完成させた。大津市指定有形文化財[5]。未完だが、和風意匠のダンスホール建築も計画されていた。[6]

その他[編集]
洋画家松山省三・平岡権八郎が1911年に開いたカフェー・プランタン(「春」の意味で小山内薫 が名付け親。「日本初のカフェー」とされる)の内装を古宇田實とともに担当した[7]。
妻は日本一の美人と言われた、もと赤坂芸妓の萬龍。結婚が決まると当時の新聞で大きく取り上げられた[8]。
引用元:岡田信一郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E4%BF%A1%E4%B8%80%E9%83%8E

萬龍(まんりゅう、1894年7月 – 1973年12月)は明治末に「日本一の美人」と謳われ、人気を博した芸妓である(文献によっては万竜、万龍、萬竜と表記されている)。2歳下の照葉とともに東京の二名妓とも呼ばれることもある。[1]。

2度の結婚[編集]
Manryu of Harumoto.png
1910年、箱根で大洪水に遭い、貧血を起こし逃げ遅れかけたところを東京帝国大学の学生・恒川陽一郎に助けられるという事件があった。翌年、再会した2人はやがて恋におちた。恒川は谷崎潤一郎の府立一中、一高以来の同級生であり、同人誌「新思潮」に参加する文学志望の青年であった(横浜船渠第一号船渠などのドック建設で知られる恒川柳作は父)。

恒川は姉婿の代議士・風間礼助を頼り、春本へ支払う見受け金の金策に奔走するなか、萬龍がインクを飲んで自殺未遂を起こす一幕もあった[6]。1913年、恒川と萬龍は結婚。大学生と芸妓のロマンスは新聞紙上で大きく取り上げられた。1914年7月、恒川は東京帝大法科大学政治学科を卒業、同年、自伝的小説『旧道』を刊行し評判になった。ところが結婚4年目の1916年、恒川が病死し、若くして未亡人になってしまった。再び萬龍として芸妓に戻るのかどうかが世間の関心を集めた。

翌年(1917年)、恒川の友人である建築家の岡田信一郎と結ばれることになった(岡田静となる)。再婚後は病弱な夫の看護や設計事務所の手伝いに専念した。

その後[編集]
岡田は1932年に逝去し、再び未亡人となった。後半生はひっそりと過ごし、遠州流の茶道教授として多くの弟子に慕われる存在であった[7]。
引用元:萬龍 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%AC%E9%BE%8D

渡辺 仁(わたなべ じん、1887年2月16日 – 1973年9月5日)は近代日本の建築家。作品のスタイルは歴史主義様式のほか、表現派、帝冠様式、初期モダニズムと多岐にわたっている。主要作品には服部時計店、東京帝室博物館(原案)、第一生命館などがある。記念碑的な建築物を設計した。
引用元:渡辺仁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E4%BB%81