市価謎いい蓋にす

次の歴代国鉄総裁を
就任した順に選びなさい
下山定則
加賀山之雄
長崎惣之助
十河信二
石田禮助
磯崎叡
高木文雄
仁杉巌
杉浦喬也
38%


次の日本の鉄道記念物を
指定されたのが早い順に
選びなさい
弁慶号機関車
佐賀藩製造の機関車模型
旧手宮機関庫
秋田第1号鉄道飛砂防止林
井上勝の墓
旧六郷川鉄橋
壱岐丸の号鐘
国鉄バス第1号車
25%
弁先曖気移行
べさきあいきいこ
引用元:佐賀藩製造の機関車模型 井上勝の墓 国鉄バス第1号車 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/40600/

日本国有鉄道(にほんこくゆうてつどう、にっぽんこくゆうてつどう[注 1]、英語: Japanese National Railways、英略称: JNR)は、日本国有鉄道法に基づき日本の国有鉄道を運営していた公共企業体である。

経営形態は政府が100%出資する公社(特殊法人)であり、いわゆる三公社五現業の一つであった。通称は国鉄(こくてつ)。

鉄道開業以来、国営事業として鉄道省などの政府官庁によって経営されていた国有鉄道事業を、独立採算制の公共事業として承継する国(運輸省)の外郭団体として1949年(昭和24年)6月1日に発足した。

1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化に伴い、政府出資の株式会社(特殊会社)形態であるJRグループ各社及び関係法人に事業を承継し、日本国有鉄道清算事業団(1998年(平成10年)10月22日解散)に移行[2] した。

歴代の国鉄総裁
代 氏名 就任期間 辞任理由・備考
1 下山定則 1949年6月1日 – 1949年7月6日 下山事件で急逝
2 加賀山之雄 1949年9月24日 – 1951年8月24日 桜木町事故で引責辞任
3 長崎惣之助 1951年8月25日 – 1955年5月19日 紫雲丸事故で引責辞任
4 十河信二 1955年5月20日 – 1963年5月19日 東海道新幹線建設費問題で2期目の任期満了に伴い退任
5 石田禮助 1963年5月20日 – 1969年5月26日 高齢により勇退
6 磯崎叡 1969年5月27日 – 1973年9月21日 「マル生運動」の違法性指摘・現場混乱を受け辞任
7 藤井松太郎 1973年9月22日 – 1976年3月5日 スト権奪還ストに対する対応の責任を取り辞任
8 高木文雄 1976年3月6日 – 1983年12月1日 国鉄再建に関して政府の圧力を受け辞任
9 仁杉巌 1983年12月2日 – 1985年6月24日 国鉄独自の再建案の責任を取り辞任
10 杉浦喬也 1985年6月25日 – 1987年3月31日 運輸省から送り込まれた最後の国鉄総裁
引用元:日本国有鉄道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%9C%89%E9%89%84%E9%81%93