アッラーフ・アクバル

これはどこの国の国旗?
(画像出題)
クイシリ
ンブラア
イラク(答)
62%

190351tDOdhgkeoK
ジャファール・パナヒ
マジット・マジディ
モフセン・マフマルバフ
アッバス・キアロスタミ
Aイラクの国旗 旧国旗の画像
Bイランの国旗(答)
Cアラブ首長国連邦の国旗 UAE
Dヨルダンの国旗
引用元:イランの映画監督と国旗「ジャファール・パナヒ」「マジット・マジディ」「モフセン・マフマルバフ」「アッバス・キアロスタミ」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/15308/


これはどこの国の国旗?
画像出題
コスタリカ(答)
引用元:「フェルゼン」「アンドレ」オスカル | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/35796/

IMG_0358SPlPWPbrRPLi
これはどこの国の国旗?
(画像出題)
ミャンマー(答)
引用元:竹山道雄『ビルマの竪琴』ミャンマーの地図と国旗 「タカ」バングラデシュ通貨 「ラングーン事件」ビルマ・ラングーンでの全斗煥暗殺未遂事件 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/14607/

イラクの国旗は、1921年の建国以来、六つの異なる版が導入された。

現在の国旗は2008年1月22日の国旗法改正により制定されたもので、1991年制定の国旗からバアス党のスローガンであった「統一、自由、社会主義」を表す三つの星を削除すると共に「アッラーフ・アクバル(アッラーフは偉大なり / الله أكبر)」の文言をサッダーム・フセイン元大統領の直筆とされる筆記体からクーフィー体に変更したデザインとなっている。

アラビア文字を入れた他の国旗(サウジアラビアの国旗など)と同様、ホイスト(旗竿側)が右である。
引用元:イラクの国旗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%97%97

アッラーフ・アクバル(アラビア語:الله أكبر)とは、「アッラーフは最も偉大である」を意味するイスラム教の祈りの言葉である[1][2]。 この祈りを唱えることをタクビール(アラビア語:تَكْبِير)という。
引用元:アッラーフ・アクバル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%AB

タウヒード(アラビア語表記:توحيد, トルコ語表記:Tevhid, ラテン語表記:Tawḥīd, あるいは Tawheed, Tauheed とも)とは、イスラームにおける一神教の概念である。イスラームにおいて、タウヒードは〈一化の原理〉を意味すると同時に、世界観と存在論、すなわち価値観の根本である。

また、タウヒード論においては、神の唯一性という言葉で、和訳され論じられることも多いが、神の唯一性という言葉は、アラビア語において(ラテン文字表記をすると)waḥḥdat-Allah という明確な表現があるので、正確な訳出とはいえない点で留意する必要がある[1]。したがって、この記事においては、神の唯一性を起点とした上で、そこで活用された〈一化の原理〉に則りながら、現実解釈のための基本原則を提示する内容を描出することとなる。 タウヒードの反対の概念は、シルク(shirk、多元性)である。
引用元:タウヒード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%89

旗章学用語(きしょうがくようご)とは、旗章学において専ら用いられる学術用語である。本稿では学術用語の他に旗章学において用いられる記号法や特有の表現法について記述する。旗章学用語は技術的な内容を表し、正確を期す必要があるため、高度に専門的である。また日本語では訳語が定まっていない。紋章学用語との間に共通する部分も見られる。

バッジ (Badge) : 記章。紋章 (coat of arms) や、よりシンプルな盾形のこともある。
カントン (Canton) : 旗を4分の1に区切ったそれぞれの区画のこと。通常、左側(ホイスト側)の上半分を指す。例えば星条旗の星の図案、あるいはオーストラリアの国旗にあしらわれたユニオンジャックの部分。
チャージ (Charge) : 旗に描かれる像やシンボル。
エンブレム (Emblem) : チャージとして使われる図案。伝統的な紋章起源のものと、近代になって作られたものがある。例えばカナダの国旗のメイプルリーフなど。
フィールド (Field) : 旗の背景。チャージの背後の色。
フィンブリエーション (Fimbriation) : 細い境界線。白や金のことが多く、旗で2つの色を分けるために使われる。
フライ (Fly) : 旗竿の反対側の縁。あるいは旗のうち、そちら側の半分。旗の水平幅を意味することもある。
ホイスト (Hoist) : 旗竿側の縁、あるいはそちら側半分。旗の高さを意味することもある。
レングス (Length) : 旗竿と直角をなす方向に測った幅。
ウィドス (Width) : 旗竿と平行になる方向に測った幅。
引用元:旗章学用語 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%97%E7%AB%A0%E5%AD%A6%E7%94%A8%E8%AA%9E