温泉記号発祥【群馬県安中市磯部温泉】

温泉マークに似た市章をもつ
温泉で有名な都市は熱海市である
◯(答)
27%

キューブ
温泉マークのことをこう呼ぶこともあります
さかさくらげ(答)

◯×
日本の地図記号で温泉マークにある3本の線は真ん中だけ少し長い
◯(答)

四択
江戸幕府が1661年に出した評決の地図の中で温泉マークがかかれ温泉マーク発祥の地とされる群馬県安中市にある温泉は?
磯部温泉(答)

わたくしたち熱海市民は、国際観光温泉文化都市の市民である誇りと自覚をもって、明るく豊かな美しいまちにするために、この憲章を定めます。

わたくしたち熱海市民は、自然を愛し、きれいな美しい環境をつくりましょう。
わたくしたち熱海市民は、教養を高め、文化のまちをつくりましょう。
わたくしたち熱海市民は、きまりを守り良い風習を育て、住みよいまちをつくりましょう。
わたくしたち熱海市民は、健康で働き、子供の幸せを願い、明るい豊かな家庭をつくりましょう。
わたくしたち熱海市民は、お互いに助け合い、親切にし、観光客にあたたかい心で接しましょう。
引用元:熱海市民憲章|熱海市公式ウェブサイト https://www.city.atami.lg.jp/shisei/atamishi/1001239.html

温泉マーク(おんせんマーク、♨)または温泉記号とは、地図(地形図を含む)において温泉・鉱泉の位置を示す地図記号である。またそれが拡張されて公衆浴場施設を示す記号にも用いられる。2万5千分1地形図図式(平成14年式)における通し番号は125。ユニコード2668、JIS X 0213 1-6-76。

温泉マークは、明治時代から公衆浴場や風呂付の旅館の施設を示す記号として使用されていたが、1950年(昭和25年)ごろから、男女同伴の客を当て込んだ旅館、いわゆる「連れ込み旅館」が享楽の場のイメージアップを狙い積極的に宣伝に利用し、温泉マークは性的な意味を帯びるようになった[4]。クラゲを上下逆にしたような形状であることから、隠語としてさかさくらげとも呼ばれ、連れ込み旅館そのものを意味する。

やがて、温泉旅館組合の間でイメージの悪くなった温泉マークを広告から外す動きが出てきた。1955年(昭和30年)には、連れ込み旅館による温泉マークの使用が禁止された[4]。1970年代になるとカップル専用ホテルの主流は、連れ込み旅館から洋風の外観のラブホテルに移り、さかさくらげは死語となった。

性的な意味を失った温泉マークは浴場を示すマークとして定着した。台湾や朝鮮半島でも日本統治時代以来、旅館などで使用され続け、韓国では現在でも温泉マークが旅館を表す記号として使用されている(温泉施設、公衆浴場にも使用されている)。

このマークを使って作られたマーク
静岡県熱海市の市章(右図参照)
イエロー・マジック・オーケストラ:このマークに3本の線を書き加えて「YMO」を表している。アルバム『BGM』より使用。
ハウフルスのロゴマーク。温泉マークの中に2つの目玉がある。
『けいおん!』(TVアニメ版)に登場するバンド「放課後ティータイム」は、このマークの下にカップを書き加えて、バンドのマークとしている。
高温注意マーク。下部の円弧部分を1本の直線にして、3本の湯気を同じ長さに変形したものを三角形の中に描いている。
引用元:温泉マーク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF

温泉記号発祥の地
温泉記号
万治4年(1661)、付近の農民の土地争いに決着を付けるため評決文「上野国碓氷郡上磯部村と中野谷村就野論裁断之覚」が、江戸幕府から出されました。その添付図には磯部温泉を記した温泉記号が2つ描かれていたのです。専門家が調査した結果、この温泉記号は日本で使われた最古のものと判明。こうして磯部温泉は温泉記号発祥の地となりました。
磯部温泉
安中市の南西部に位置する磯部温泉は、天明3年(1783)の浅間山大噴火のときに湧出量を増したといわれています。泉質は、塩化物・炭酸水素塩強塩温泉で、湯中に含まれる成分が群馬県内の温泉の中でも1、2を競うすばらしい湯と評価されています。
泉温は52.6℃で、入浴すると肌がツルツルすると、女性に人気があります。
引用元:温泉記号発祥の地|観光スポット|安中市 https://www.city.annaka.lg.jp/kanko_spot/kigou.html