所信表明【臨時国会】施政方針【通常国会】

臨時国会の冒頭で
首相が行う演説は
所信表明演説である
◯(答)
56%

所信表明演説/施政方針演説  
[Prime Minister’s address]
2015/03
成田憲彦
開会式が行われた後、特別国会や臨時国会では総理大臣の所信表明演説が、通常国会では総理大臣の施政方針演説のほか外務大臣の外交演説、財務大臣の財政演説、経済財政担当大臣の経済演説の政府4演説が、衆議院(衆院)に続いて参議院(参院)の本会議で行われる。所信表明演説は総理自らの所信を述べ、施政方針演説は内閣としての方針を述べるという違いがある。
引用元:所信表明演説/施政方針演説 | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas – イミダス https://imidas.jp/genre/detail/C-102-0051.html

2つの演説の違い
施政方針演説と所信表明演説の違い

 どちらの演説も、衆議院と参議院の本会議で行われる点では同じです。しかし、以下の点で違いがあります。

 施政方針演説は、首相が毎年1月に召集される通常国会で行う演説で、その年の内閣全体の基本方針を示すもの。一方、所信表明演説は、臨時国会の冒頭や、首相が選出される特別国会で行われる演説で、どちらかというと首相の個人的な考え方を示すものです。所信表明演説は、通常国会中でも首相が交代した場合には行われます。

 施政方針演説では合わせて、財務相の「財政演説」、外務相の「外交演説」、経済財政担当相の「経済演説」も行われ、「政府4演説」と呼ばれます。所信表明演説の場合は、必要に応じて大臣演説も行われます。
引用元:<国会用語>施政方針演説と所信表明演説の違いは?(THE PAGE) – Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/8d6bc7c29136a71b0caa94d93120cf86541ae787

所信表明演説(しょしんひょうめいえんぜつ)とは、政府の長が自分の考え(所信)を述べる演説である。

以降は日本の国会におけるものについて説明する。議会を持つ自治体は、概ねこれに似たような形式で行われる事が多い。

日本の国会における所信表明演説[編集]
日本の国会の場合は内閣総理大臣が本会議場で行う演説や、国務大臣が委員会の冒頭で演説するものを指すが、前者のほうがよく知られている。内閣総理大臣の演説は以下の場合に衆議院と参議院の本会議場で行われる。

臨時国会の冒頭
特別国会で内閣総理大臣が指名・任命された後
国会の会期途中で内閣総理大臣が交代した場合
所信表明演説では、内閣総理大臣個人の所信として、国政についての方針や重点課題を説明する。議席を持つ各会派は所信表明演説に対して後日代表者1名が代表質問(一般質問)を行う。

なお、通常国会の冒頭に内閣総理大臣が内閣全体の方針や重点課題を説明する演説は、施政方針演説と呼ばれる。1953年6月以前では臨時国会の冒頭など現在では所信表明演説として扱われる演説でも施政方針演説とされていた。
引用元:所信表明演説 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%80%E4%BF%A1%E8%A1%A8%E6%98%8E%E6%BC%94%E8%AA%AC#:~:text=%E6%89%80%E4%BF%A1%E8%A1%A8%E6%98%8E%E6%BC%94%E8%AA%AC%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%80%81%E5%86%85%E9%96%A3,%E9%87%8D%E7%82%B9%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E3%82%92%E8%AA%AC%E6%98%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82&text=%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%80%81%E9%80%9A%E5%B8%B8%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E3%81%AE%E5%86%92%E9%A0%AD,%E6%BC%94%E8%AA%AC%E3%81%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%80%82

施政方針演説(しせいほうしんえんぜつ)とは、政府の長が議会でその年一年間の政府の基本方針や政策についての姿勢を示すために行われる演説である。

以降は日本の国会におけるものについて説明する。自治体の議会ではおおむねこれに似たような形式で行われることが多い。

日本の国会における施政方針演説[編集]

日本の国会の場合は原則として通常国会の冒頭で内閣総理大臣が本会議場で行う演説を施政方針演説という。衆議院と参議院の本会議場でそれぞれ行われる。1953年6月以前では臨時国会の冒頭など現在では所信表明演説として扱われる演説でも施政方針演説とされていた。

内閣総理大臣の施政方針演説自体は大日本帝国憲法下に於いて1890年(明治23年)に召集された第1回帝国議会の衆議院本会議(1890年12月6日)の席上で山縣有朋(第3代首相)が行ったのが最初で[1]、それ以後慣例化している。

また、施政方針演説に引き続いて行われる外務大臣の外交演説、財務大臣の財政演説、経済財政政策担当大臣の経済演説を合わせて政府四演説と呼ぶ。議席を持つ各会派はこれら四演説に対して後日代表者1名が代表質問(一般質問)を行う。
引用元:施政方針演説 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%BD%E6%94%BF%E6%96%B9%E9%87%9D%E6%BC%94%E8%AA%AC