ひつし【必至】

次のうち
現在も運行されている
JRの特急列車を
全て選びなさい
あいづ
ひゅうが(答)
つがる(答)
しなの(答)
たんば
むつ
安芸
紀伊
46%


1970年代に世間を騒がせた
古文書は『◯◯◯外三郡誌』?
東日流
つがる(答)
『東日流外三郡誌』


青森県で和田喜八郎が自宅から発見したことになっている古代の東北地方について書かれた有名な偽書といえば?
東日流外三郡誌(答)
引用元:「五所川原市」十三湖、エルムの街 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/37113/

ひゅうがは、九州旅客鉄道(JR九州)が延岡駅 – 宮崎駅・南宮崎駅・宮崎空港駅間を、日豊本線・日南線・宮崎空港線経由で運行する特急列車である。

概要
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 宮崎県
運行開始 2000年3月11日
現運営者 九州旅客鉄道(JR九州)
路線
起点 延岡駅
終点 宮崎駅・南宮崎駅・宮崎空港駅
使用路線 日豊本線・日南線・宮崎空港線
引用元:ひゅうが (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%8C_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

つがるは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が奥羽本線秋田駅 – 青森駅間で運行している特急列車である。

本項では現行の特急「つがる」と、2002年(平成14年)12月1日から2010年(平成22年)12月3日まで八戸駅 – 青森駅・弘前駅間で運転された同名の特急列車、および奥羽本線秋田駅 – 青森駅間の昼行優等列車について述べる。

特急「つがる」(青森駅にて)
概要
国 日本の旗 日本
種類 特急列車
現況 運行中
地域 秋田県・青森県
前身 特急「かもしか」
特急「いなほ」(秋田 – 青森)
寝台特急「あけぼの」(秋田 – 青森)
運行開始 2010年12月4日
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
引用元:つがる (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A4%E3%81%8C%E3%82%8B_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

しなのは、東海旅客鉄道(JR東海)および東日本旅客鉄道(JR東日本)が名古屋駅 – 長野駅間を中央本線・篠ノ井線・信越本線経由で運行する特別急行列車である。

本項では、名古屋駅 – 塩尻駅間(中央西線)で運転されていた優等列車についても記述する。

概要
国 日本の旗 日本
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 愛知県・岐阜県・長野県
前身 急行「きそ」「ちくま」
運行開始 1968年10月1日
運営者 東海旅客鉄道(JR東海)
東日本旅客鉄道(JR東日本)
旧運営者 日本国有鉄道(国鉄)
西日本旅客鉄道(JR西日本)
引用元:しなの (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%AE_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

きのさきは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が京都駅 – 福知山駅・豊岡駅・城崎温泉駅間を山陰本線(嵯峨野線)経由で運行する特別急行列車である。

北近畿ビッグXネットワークを形成する列車の一つである。イメージカラーは紫色(■)で、この列車の走行路線である嵯峨野山陰線のラインカラー(京都駅-城崎温泉駅間に設定されているもの)にちなんでいる。

本項では、京都駅を発着する山陰本線の優等列車の沿革についても記述する。

概要
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 京都府・兵庫県
前身 特急「あさしお」「たんば」
運行開始 1996年3月16日
現運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
引用元:きのさき (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%95%E3%81%8D_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

あいづとは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が磐越西線で運行する列車に付与される愛称である。

1993年(平成5年)11月30日:特急「あいづ」廃止。
廃止時停車駅
上野駅 – 大宮駅 – 宇都宮駅 – 西那須野駅 – 黒磯駅 – 白河駅 – 須賀川駅 – 郡山駅 – 磐梯熱海駅 – 猪苗代駅 – 会津若松駅
引用元:あいづ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A5

きのさきは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が京都駅 – 福知山駅・豊岡駅・城崎温泉駅間を山陰本線(嵯峨野線)経由で運行する特別急行列車である。

北近畿ビッグXネットワークを形成する列車の一つである。イメージカラーは紫色(■)で、この列車の走行路線である嵯峨野山陰線のラインカラー(京都駅-城崎温泉駅間に設定されているもの)にちなんでいる。

本項では、京都駅を発着する山陰本線の優等列車の沿革についても記述する。

概要
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 京都府・兵庫県
前身 特急「あさしお」「たんば」
運行開始 1996年3月16日
現運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
引用元:きのさき (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%95%E3%81%8D_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

むつとは、国鉄で運行されていた列車名である。

21年半の急行時代を経て特急に格上げされたむつであったが、僅か1年8ヶ月後には時刻変更がなされた上で盛岡駅発着の特急たざわに変更されてしまったのでむつは23年間の歴史に幕を下ろす事となった。しかしこの頃には全特急列車に絵入りのヘッドマークが用意されていたので、むつには「リンゴと岩木山と思われる山」が描かれたヘッドマークがあった。
引用元:むつ(列車)とは (ムツとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%80%E3%81%A4%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

安芸とは、国鉄で運行されていた列車名である。

夜行特急安芸
1975年に山陽新幹線が博多駅まで開業した事によって山陽本線の寝台特急が削減された。この時に余剰となった20系客車を使用して呉線の夜行急行音戸を特急に格上げする事となったり、この際に登場したのが特急安芸であった。

しかし「急行時代と然程変わらないスピード」「呉線の客にとっては利用しにくい時間帯(例として呉駅は下りが4時30分頃着・上りは0時頃発)」「広島駅以西の山陽本線の客にとっては呉線を経由している間に東京駅発着の寝台特急に抜かれるダイヤ」「国鉄の運賃値上げやストライキで国鉄自体の利用者減」といった要因から最早空気を運んでいる状況となった為に僅か3年半で廃止されてしまった。

ちなみに特急安芸は絵入りのヘッドマークもテールマークも無い唯一のブルートレインであった。
引用元:安芸(列車)とは (アキとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E5%AE%89%E8%8A%B8%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

紀伊(きい)は、日本国有鉄道(国鉄)が1968年から1984年まで東京駅 – 紀伊勝浦駅間を東海道本線・関西本線・紀勢本線経由で運行していた寝台特別急行列車である。1975年までは夜行急行列車として運行していた。 本項では、東京駅と奈良県・紀伊半島の沿線都市を結んでいた優等列車についても記載する。
引用元:紀伊 (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E4%BC%8A_(%E5%88%97%E8%BB%8A)