柿澤自由党【1994】小沢自由党【1998-2003】

1994年に自民党を離党した
柿澤弘治を党首として結成
された政党は「◯◯党」?
自陽
太金
税由
自由(答)
34%

2000年に自由党を離党した
海部俊樹、野田毅、二階俊博
らが結成した
新党の名前は「○○党」?
保守(答)

柿澤 弘治(かきざわ こうじ、1933年11月26日 – 2009年1月27日)は、日本の政治家、大蔵官僚。位階は従三位、勲章は旭日大綬章。

衆議院議員(7期)、参議院議員(1期)、外務大臣(第122代)、自由党党首、自由連合代表を歴任した。

1994年4月、首相の細川護煕が唐突に辞意を表明。後継首相の選出にあたり、新生党代表幹事の小沢一郎が自民党の渡辺美智雄の擁立に動く。柿澤は同じく渡辺の側近である太田誠一、新井将敬、佐藤静雄、山本拓、米田建三の5人を率いて離党し、保守系無所属の高市早苗が加わって政策集団「リベラルズ」を旗揚げする。さらにリベラルズを母体に自由党を結成し、党首に就任する(柿澤自由党)。しかし肝腎の渡辺は結局自民党離党を決断できず、小沢ら連立与党は羽田孜を擁立した。

柿澤自由党は羽田内閣に参加し、柿澤は外務大臣に就任する。しかし、日本社会党の連立離脱により羽田内閣は少数与党政権に転落し、自民党から提出された内閣不信任決議案の採決の直前に羽田が退陣を表明。自民・社会・新党さきがけ3党は日本社会党委員長の村山富市を首班候補に擁立する方向で調整を進め、これに対し旧連立与党は自民党を離党した海部俊樹を擁立するも、海部は僅差で村山に敗れ、村山内閣が発足。
引用元:柿澤弘治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%BE%A4%E5%BC%98%E6%B2%BB

海部 俊樹(かいふ としき、1931年〈昭和6年〉1月2日 – )は、日本の政治家。勲等は桐花大綬章。

衆議院議員(16期)、労働政務次官(第1次佐藤第2次改造内閣 – 第2次佐藤内閣)、内閣官房副長官(三木内閣)、自由民主党国会対策委員長(第21代)、文部大臣(第98・107代)、自由民主党総裁(第14代)、内閣総理大臣(第76・77代)、大蔵大臣(第95代)、新進党党首(初代)などを歴任した。

国際天文学連合(IAU)会長の海部宣男、2008年にノーベル物理学賞を受賞した小林誠、トヨタ自動車元副社長の小野茂勝の従弟である。
引用元:海部俊樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%83%A8%E4%BF%8A%E6%A8%B9

自由党(じゆうとう、英語: Liberal Party)は、かつて存在した日本の政党。略称は自由、LP。日本憲政史上の他の「自由党」と区別するため、党首の小沢一郎の名から小沢自由党と呼ばれることもある。

1998年1月5日に届け出、1998年1月6日に結党大会を開いた。但し、法的には新進党分党によるものであるため、1998年1月1日発足となる。2003年9月26日、解党し民主党に吸収合併された。
引用元:自由党 (日本 1998-2003) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%85%9A_(%E6%97%A5%E6%9C%AC_1998-2003)

自由党(じゆうとう)は、1994年4月に渡辺美智雄の首相擁立を目指し、自由民主党の国会議員が離党し結成した日本の政党。同年12月に新進党結成に伴い解散。この自由党は党首の名前から「柿澤自由党」として区別されることもある。
引用元:自由党 (日本 1994) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%85%9A_(%E6%97%A5%E6%9C%AC_1994)

保守新党(ほしゅしんとう、英称:New Conservative Party, NCP)は、かつて存在した日本の政党。

本項目では、本政党結成の歴史的経緯から、事実上の前身である保守党(ほしゅとう、英文名称は同じ)についても説明する。

保守党[編集]
2000年3月、自自公連立政権からの離脱に傾く自由党党首小沢一郎及び同側近グループに対し、連立継続を望む海部俊樹最高顧問、野田毅前幹事長、二階俊博運輸大臣、中西啓介選対委員長らを中心としたグループが新党を結成した。この時、自民党の野中広務らが自由党の中間派議員に選挙協力などで説得した結果、参加者は自由党所属国会議員(50名)の過半数に達する26名となった。保守党は過半数の参加を基に自由党へ分党要求をしたものの一貫して拒否されたため、やむなく離党による新党結成という手続きをとり、政党助成金は同年6月の総選挙後まで交付されなかった。

初代党首は当初、野田が有力視されていたが幹事長を希望、海部も固辞。選挙の顔として元女優で当時参議院議員の扇千景が就任した。しかし総選挙ではわずか7議席に留まり、一方小沢率いる自由党は4議席増の22議席を獲得した。

翌年7月の参議院選挙では、改選数2に対して当選者が比例代表の扇党首一人に留まったために責任論が噴出、同年9月に退陣する事になった。なお、この選挙では保守とホスピタルを掛けた「ホシュピタル」というCMが放映された(女医に扮した扇が出演した)。
引用元:保守新党 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%AE%88%E6%96%B0%E5%85%9A