内藤佐和子【女性最年少、徳島市長】

2017年1月に、28歳と
現職最年少の市長が誕生した
大阪府の都市は◯◯◯市?
富田林
東屋畷
寝大川
四條畷(答)
50%

019wMSZymk
2013年6月に、藤井浩人が28歳と
全国最年少で現職の市長となった
都市は「◯◯◯◯市」?
武須村田
常陸塩山
那濃太茂
美濃加茂(答)
「美濃加茂市」

338DRZXvvR
1994年、志々田浩太郎が27歳と
全国で初となる「20代での市長」
となった都市は「◯◯◯◯市」?
常陸太原
那陸加田
美蔵村山
武蔵村山(答)
「武蔵村山市」
引用元:若手市長「美濃加茂市」藤井浩人 「武蔵村山市」志々田浩太郎 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/21064/

東 修平(あずま しゅうへい、1988年10月3日 – )は、日本の政治家、外務官僚。大阪府四條畷市長(1期)。

来歴[編集]
大阪府四條畷市出身[1]。四條畷市立忍ヶ丘小学校、四條畷市立四條畷中学校、大阪府立四條畷高等学校、京都大学工学部物理工学科卒業。同大学大学院工学研究科原子核工学専攻修了[2]。

2014年4月、外務省に就職[3]。40代で急逝した上司の死をきっかけに「将来は市長になる」と決断し[4]、約1年半で退職し、野村総合研究所に転職。2016年10月21日、四條畷市長選挙に出馬する意向を表明した[5]。

2017年1月15日に行われた四條畷市長選挙において現職の土井一憲との一騎打ちを制し初当選した。1月20日、市長就任[2]。
引用元:東修平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BF%AE%E5%B9%B3

大阪府四條畷市長選で初当選した東修平氏(28)が20日、市長に就任し、初登庁した。全国市長会によると、現職で全国最年少。
引用元:最年少28歳東氏が初登庁 大阪・四條畷市長に就任 – サッと見ニュース – 産経フォト https://www.sankei.com/photo/daily/news/170120/dly1701200007-n1.html

内藤 佐和子(ないとう さわこ、1984年3月28日[1] – )は、日本の政治家。徳島市長(1期)。日本で最年少の女性市長[2]。

2020年徳島市長選挙[編集]
2020年1月15日、任期満了に伴う徳島市長選挙に立候補する意向を正式表明した[8]。同年3月29日告示[9]、4月5日投開票の徳島市長選挙に自由民主党徳島県支部連合会会長の山口俊一や自民党衆議院議員の福山守らの支援を受けて立候補。自民党衆議院議員の後藤田正純や自民党徳島市議会議員団が推した現職の遠藤彰良を僅差で破り、初当選した[10][11]。当選時の年齢は36歳0ヶ月で歴代最年少であり、また史上最年少で当選した女性市長である(内藤が当選するまでは、滋賀県大津市長を務めた越直美の36歳6ヶ月が史上最年少)。4月18日、就任[12]。徳島市長に女性が就くのは初めて。
引用元:内藤佐和子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E8%97%A4%E4%BD%90%E5%92%8C%E5%AD%90