【曽祖父】青木周蔵

1996年にペルーで起こった
日本大使公邸人質事件の時に
現地の大使だった外交官は?
青木盛久(答)

青木一三
青木周弼
青木正太郎
45%

誘拐事件などで、人質が
犯人に親しい感情を持つことを
ストックホルム症候群と
いいますが

逆に犯人が人質に親しい感情を
持つことを何という?
サンパウロ症候群
ストックホルム症候群
リマ症候群(答)
サンチアゴ症候群
38%

引用元:【在ペルー日本大使公邸占拠事件】 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/55825/

青木 盛久(あおき もりひさ、1938年11月23日 – )は、日本の元外交官で、公益財団法人青木周蔵記念育英会理事長。

プロフィール[編集]
生い立ち[編集]
栃木県那須塩原市青木出身。父は在ジュネーヴ国際機関日本政府代表特命全権大使や、駐南ベトナム特命全権大使などを務めた外交官の青木盛夫。母方の祖父は国際連盟事務局次長や駐フランス大使、IOC委員を務めた杉村陽太郎。なお、曽祖父は明治時代に外務大臣を務めた青木周蔵(周蔵が養子に入った青木家の別の養子である青木梅三郎の子孫のため血縁関係はない)。

ペルー日本大使公邸占拠事件[編集]
1996年11月に、ペルーの極左テロリストグループのトゥパク・アマル革命運動によって行なわれたペルー日本大使公邸占拠事件に遭遇し、ペルー政府要人や在ペルー日本企業の駐在員らとともに127日間の人質生活を体験する。当初は、自分のみが人質になる代わりに他の全ての人質を解放するよう、犯人側に依頼したものの拒否された。

その後、1997年4月22日に当時のペルー大統領アルベルト・フジモリの決断で大使公邸までのトンネルが掘られ、地下から公邸に特殊部隊を突入させ、犯行グループは全員射殺された。この際、特殊部隊の2名と、人質であったペルー最高裁判事が死亡した。青木は救出時に胸や足に重傷を負ったものの、人質の大使館員やペルー政府要人、日本企業の駐在員らと共に救出された。
引用元:青木盛久 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E7%9B%9B%E4%B9%85

青木 一三(あおき いちぞう、1926年 – 1994年3月17日)は、日本のプロ野球選手スカウト。

大阪府大阪市生まれ。関西大学卒業。

「マムシの一三」と呼ばれた。
引用元:青木一三 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E4%B8%80%E4%B8%89

青木 周弼(あおき しゅうすけ、享和3年1月3日(1803年1月25日) – 文久3年12月16日(1864年1月24日))は、江戸時代後期の蘭方医。周防国大島郡和田村の村医青木玄棟の長子。諱は邦彦で、周弼は字。号は月橋。

初め、長州藩医の能美洞庵に医学と儒学を師事する。18歳で大坂、30歳で江戸に行き、深川の坪井信道にオランダ語、臨床医を学び、その縁で宇田川榛斎にも師事した[1][2]。同門に緒方洪庵がいる。弟の青木研蔵と長崎にシーボルトに教授を受けにも行った。
引用元:青木周弼 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%91%A8%E5%BC%BC

青木 正太郎(あおき しょうたろう、安政元年3月18日(1854年4月15日) – 昭和7年(1932年)7月20日)は、日本の実業家、政治家。衆議院議員を経て、東京米穀商品取引所理事長や、京浜電気鉄道社長を務めた。
引用元:青木正太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E6%AD%A3%E5%A4%AA%E9%83%8E