フィンランド航空【ワンワールド】

次の航空会社と
それが加盟する航空連合の
正しい組み合わせを選びなさい
スカンジナビア航空───スターアライアンス
フィンランド航空───ワンワールド
チェコ航空───スカイチーム
27%

CIMG0916vDcmwEYpBBMP
次の航空会社を
所属している航空連合ごとに
グループ分けしなさい
【スカイチーム】エールフランス、KLMオランダ航空、アエロフロート、デルタ航空
【ワンワールド】日本航空、アメリカン航空、キャセイパシフィック
【スターアライアンス】全日本空輸、ユナイテッド航空、シンガポール航空
引用元:空気「エール(仏)」「ルフト(独)」「アリア(伊)」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/26344/

航空連合(こうくうれんごう、英: airline alliance)とは、航空会社間の連合組織のこと。同一連合内においては、コードシェア便やマイレージサービスの相互乗り入れなど、旅客の利便性を図り、集客の向上を目指すことになっている。航空便には長距離便や国際線も多いことから、航空連合も国際的な組織であり、各国の航空会社が合従連衡を行い、構成されている。

概要[編集]
航空業界では1990年代から、個別に一部航空会社間で、コードシェア便やマイレージサービスの相互乗り入れなどの業務提携が行われ始めていたが、航空業界における国際的な規制緩和の流れと競争の激化により、世界的な規模で結成されるようになった。

2012年現在、世界的な航空連合は3つある。スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームである。かつては、ウイングス・アライアンスとクオリフライヤーグループも存在していたが、ウイングス・アライアンスは2004年にスカイチームに吸収された形で消滅してしまい、クオリフライヤーグループも、連合の中心となっていたサベナ・ベルギー航空が2001年に、スイス航空が2002年に倒産したことで解散した。貨物を対象とした航空連合のWOWやスカイチーム・カーゴもある。
引用元:航空連合 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E9%80%A3%E5%90%88

スターアライアンス (英: Star Alliance) は、1997年5月14日に設立された、世界初で世界最大の航空連合。

その加盟会社による就航国は190ヶ国余り、1,300以上の空港に達し、1日当たりの便数は21,000便を超える。アライアンス・スローガンは「The Way The Earth Connects」(意味: 地球の繋ぎ方)。

概要[編集]
スターアライアンスメンバーが就航する代表的な空港としてドイツのフランクフルト空港があげられる。本部機能をつかさどる現地法人スターアライアンスサービス会社 (Star Alliance GmbH) はフランクフルト空港第1ターミナルに隣接するフランクフルトエアポートセンターに本拠地を置いている。サービス会社の役割はスターアライアンス加盟各社のコーディネートやサポートを担うことで、意思決定の権限は有していない[2]。
引用元:スターアライアンス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9

スカイチーム(英: SkyTeam)は、メンバー19社による航空連合である。アライアンス・スローガンは英語で、「Caring more about you」である。貨物部門としてはスカイチーム・カーゴがある。会長はKLMオランダ航空出身のレオ・ファン・ヴァイク、本部はオランダのアムステルダムにある。
引用元:スカイチーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0

ワンワールド(英: oneworld)は、世界規模の航空連合の1つである。アライアンス・スローガンは「Travel bright.」。

概要[編集]
2019年2月時点で3つ存在する航空連合の中で第3位の規模を有する。ワンワールドは世界158か国、1,012カ所の目的地に達し、便数は毎日10,000便を超える。メンバー航空会社及びその関連会社は、運航計画、航空券発行、共同運航、乗継便運用、マイレージサービス、空港ラウンジの共有、経費節減、及びベストプラクティスにおいて高度な協力関係を有している。
引用元:ワンワールド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

スカンジナビア航空(スカンジナビアこうくう、Scandinavian Airlines System, SAS)は、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーのスカンディナヴィア三国が共同で運航する航空会社で、スターアライアンスのメンバー。本社はストックホルム。
引用元:スカンジナビア航空 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%93%E3%82%A2%E8%88%AA%E7%A9%BA

フィンエアー(英語: Finnair、フィンランド語: Finnair Oyj フィンナイル・オーウーイィー)もしくはフィンランド航空は、フィンランドの航空会社である。英語に近い発音は「フィンネアー」。

概要[編集]

フィンランド航空の本社, House of Travel and Transportation (HOTT)
フィンランドのフラッグ・キャリアであり、フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港をハブ空港にしてフィンランド国内、ヨーロッパ、アジア・北アメリカ・中東方面などへ路線を展開している。航空連合のワンワールドに加盟しており、路線網は国内線約20都市、国際線約79都市の合計で約100都市にわたる。
引用元:フィンエアー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC

チェコ航空(チェコ語: České aerolinie、略語 : ČSA、英語: CSA Czech Airlines、略語 : CSA)は、チェコ・プラハを本拠地とする航空会社である。

概要[編集]

旧チェコスロバキア国営航空(ČSA)を前身とするチェコのフラッグ・キャリアである。ハブ空港はプラハ・ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港 (Letiště Václava Havla Praha、PRG/LKPR) 。航空連合「スカイチーム」の一員で、ヨーロッパ各地及び北アメリカ、アジア、中東、北アフリカ方面への路線を持ち、年間輸送実績は約200万人。マイレージサービス「”OK Plus”」を行っている。
引用元:チェコ航空 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B3%E8%88%AA%E7%A9%BA