【イルビド】国立ヤルムーク総合大学

イルビド
ザルカ
アカバ
アンマン
レバノン
シリア
イエメン
ヨルダン(答)
77%

007RYYNzYM
古代都市ボスラ
パルミラの遺跡
古都アレッポ
古都ダマスクス
シリアの世界遺産(答)
ヨルダンの世界遺産
トルコの世界遺産
イスラエルの世界遺産
67%


バールベック
アンジャル
ビブロス
カディーシャ渓谷と神の杉の森
レバノンの世界遺産(答)

連想
パサルガダエ
バムとその文化的景観
ビストゥン
ペルセポリス
イランの世界遺産(答)

連想
クサントスとレトーン
ヒエラポリスーパムッカレ
トロイの古代遺跡
イスタンブール歴史地区
トルコの世界遺産(答)
引用元:シリアの世界遺産「古代都市ボスラ」「古都アレッポ」「パルミラの遺跡」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/27033/

イルビド(إربد, Irbid、イルビット、イルビッドとも)はヨルダン北西部の都市でイルビド県の県都。首都アンマンの北70kmにあり、ヨルダン川東岸の険しい台地ギレアド(ギレアデ、Gilead)の北の縁に位置し、シリアとの国境の近くにある。イルビドは古代はアラベラ(アルベラ、Arabella)と呼ばれていた。1992年の国勢調査によれば人口は208,329人であるが、2007年の推計では327,543人となっており、ヨルダンでもアンマン、ザルカに次ぐ第3の都市である。またイルビド県も、ヨルダンでは2番目に人口の多い県である。イルビドの住民にはパレスチナ人難民も多い。

イルビドはペラ (ヨルダン)(英語版)、ベイト・ラス(Biet Ras)、ウム・カイス(英語版)(古代のガダラ)などデカポリスの古代都市とは等距離にあり、これらの遺跡を巡る観光客の拠点となっている。また周囲の町や農村の農産物の集散地であり、南のアンマン、東のマフラク、北のシリア方面(ダルアーを経由しダマスカス)への公共交通の中心地でもある。

イルビド周辺にはいくつかの大学があり、そのうちヨルダン科学技術大学とヤルムーク大学が重要な存在である。
引用元:イルビド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%89

ザルカ(ザルカー、アッ=ザルカー、アラビア語: الزرقاء‎, Az Zarqāʼ, Zarqa)はヨルダン西部の都市でザルカ県の県都。首都アンマンの北東25kmに位置する。人口は約792,665人(2000年)でヨルダン第2位の大都市であり、ヨルダンの人口の15.5%を占める。ザルカは「青色」を意味する。ザルカの気候は乾燥地域に典型的なもので、昼と夜の気温差が大きく、その寒暖差はアンマンより激しい。

ロシア帝国からオスマン帝国に逃れてきたムスリムのチェチェン人が1902年にこの地に入植し、町となった。当時ヒジャーズ鉄道が開通し、ザルカに駅を置いたため、周囲の物資集散地として栄え始めた。1940年代以降ザルカにはパレスチナ人難民など人口が流入し市街地は拡大を続けている。特に、第三次中東戦争(六日間戦争)によりヨルダン川西岸地区から逃げてきた人々が人口の5割以上を占める。
引用元:ザルカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%82%AB

アカバ(العقبة, Al-`Aqabah 英語表記 Aqaba)は、ヨルダン南部の港湾都市。人口62,773人 (1994年)。準内陸国であるヨルダンが唯一海に接する場所であり港湾として、戦略的な要地である。
引用元:アカバ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%90

アンマン(アラビア語: عمان‎ ‘Ammān; アンマーン、英: Amman)は、ヨルダン・ハシミテ王国の首都。ヨルダンの政治・経済の中心都市となっており、中東でも有数の世界都市である。
引用元:アンマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3