家光を授かる【子安山】

大河ドラマ『江』により人気と
なった、日本最古の安産祈願の寺
帯解寺
おびとけでら(答)
44%

帯解寺(おびとけでら)は、奈良市今市町にある華厳宗の寺院。本尊は地蔵菩薩。安産祈願の寺として知られ、山号は子安山。

歴史[編集]


寺伝では、元は霊松庵といい、空海の師である勤操によって開かれた巌渕千坊の一つであったという。長らく世継ぎに恵まれなかった文徳天皇后の染殿皇后(藤原明子)が当寺にて祈願をしたところ、惟仁親王(後の清和天皇)が生まれたことから、天安2年(858年)、文徳天皇の勅願により伽藍が建立され、勅命により帯解寺と名乗るようになったという。以来、安産・子授け祈願の寺として朝野を問わず篤い信仰を集めるようになった。
引用元:帯解寺 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%AF%E8%A7%A3%E5%AF%BA

『江〜姫たちの戦国〜』(ごう ひめたちのせんごく)は、2011年1月9日から同年11月27日まで放送された、NHK大河ドラマ第50作[1]。原作・脚本・田渕久美子、チーフ演出・伊勢田雅也、音楽・吉俣良。全46回。

概要[編集]
2009年6月17日に制作が発表された。脚本は2008年放送の『篤姫』の脚本を手掛けた田渕久美子の担当。原作は田渕による書き下ろし小説『江 姫たちの戦国』。音楽は同じく『篤姫』以来となる吉俣良が担当。戦国時代(室町時代末期)から江戸時代初期が舞台となる。

主人公は、江戸幕府第2代将軍・徳川秀忠の正室・江。姉である茶々・初と共に、戦乱に翻弄されながらも、家族や周囲の人々との絆を育み、天下太平の世を願い続け、やがて将軍の正室となり大奥の礎を築いてゆく過程を中心に時代の中心で歴史を見つめてきた江の姿を通して、新たな戦国史・女性史としてのドラマが描かれる。
引用元:江〜姫たちの戦国〜 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E3%80%9C%E5%A7%AB%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%9B%BD%E3%80%9C

徳川家の嫁 江の悩み
徳川秀忠と江の間に多くの子供を産まれたが女の子ばかりで世継ぎとなる男の子が生まれなかった。そこで江は安産を祈願する帯解寺に頼ったという。

キーワード
崇源院 帯解寺 徳川秀忠
引用元:歴史秘話ヒストリア 2011/01/05(水)22:00 の放送内容 ページ1 | TVでた蔵 https://datazoo.jp/tv/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%A7%98%E8%A9%B1%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2/457891