김황식【全羅南道出身】

2010年から2013年まで
韓国の首相を務めました
金滉植
キムファンシク(答)
32%





次の韓国の行政地域を
面積が広い順に選びなさい
慶尚北道
江原道
全羅南道
慶尚南道
忠清南道
忠清北道
32%
引用元:江原道、全羅南道、忠清北道 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/39562/

金 滉植(キム・ファンシク、김황식、1948年8月9日 – )は大韓民国の法曹人、政治家。国務総理(第41代)、大韓民国監査院長(第21代)などを歴任。

国務総理就任[編集]
鄭雲燦国務総理が2010年7月に退任を表明し、後任として名前が挙がったがこれを固辞[1]。いったんは金台鎬前慶尚南道知事が指名された。しかし就任のために必要な国会承認に向けた人事聴聞会において不正資金疑惑など様々な疑惑を追及され、8月29日に指名辞退に追い込まれた。その後、9月16日になって後任に指名され、10月1日に正式就任。本籍が全羅南道出身としては初[2]、大韓民国監査院長出身としては李會昌以来二人目の国務総理である。
引用元:金滉植 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%BB%89%E6%A4%8D

Kim Hwang-sik (Korean: 김황식; Hanja: 金滉植; born 9 August 1948) is a South Korean lawyer and politician who was the country’s Prime Minister from October 2010 to February 2013. He was the former Chairperson of the Board of Audit and Inspection. He was the only member in the Lee Myung-bak Government who came from the liberal Honam Region.
引用元:Kim Hwang-sik – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Kim_Hwang-sik

国務総理(こくむそうり)は、大韓民国において、行政府の首班である大統領を補佐する機関、官職。首相に相当し、日本の報道などでも「首相」と表記される。

建国当時の政治状況から、大統領制と議院内閣制の折衷として設けられた。従ってその権限は限定的である。

権限[編集]
大韓民国憲法の規定によれば、国務総理は大統領を補佐し、行政に関する大統領の命令を受け、各行政機関(部処庁)を統括する役割を有している(憲法第86条第2項)。そのため、大統領が議長を務める国務会議(日本の閣議に相当)では副議長を務め(第88条第3項)、大統領が任命する国務委員(日本の国務大臣に相当)を提請する任を有する(第87条第1項)。また、国務総理は、国務委員の解任を大統領に建議することもできる(第87条第3項)。なお、大統領が、弾劾などによる欠位、或いは事故による職務遂行不能状態に陥ったときには、国務総理が大統領の任務を代行する(第71条)。
引用元:国務総理 (大韓民国) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%8B%99%E7%B7%8F%E7%90%86_(%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD)