Milo Djukanović

2018年4月にモンテネグロの
新しい大統領に就任しました
ジュカノビッチ(答)
30%

ミロ・ジュカノヴィチ(モンテネグロ語: Milo Đukanović、1962年2月15日 – )は、モンテネグロの政治家。現在、同国大統領。大統領(ユーゴスラビア連邦時代)、首相(3期)などを歴任した[1]。モンテネグロ社会主義者民主党党首。日本の外務省ではミロ・ジュカノビッチ (Milo Djukanovic) と表記されている。

2018年4月15日投開票の大統領選挙(英語版)に立候補し、1回目の投票で過半数の53.8%を獲得し当選[2]、5月20日就任。

2019年10月22日の即位礼正殿の儀に参列し、翌23日には迎賓館赤坂離宮で安倍晋三内閣総理大臣と会談を行った[3]。
引用元:ミロ・ジュカノヴィチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%81

 本23日,午後4時30分頃から約20分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中のミロ・ジュカノビッチ・モンテネグロ大統領(H.E. Mr. Milo Djukanović, President of Montenegro)と首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお会談には,日本側から西村明宏内閣官房副長官ほかが,モンテネグロ側から,ミラン・ローチェン大統領首席補佐官,タマラ・ブラーヨビッチ大統領補佐官ほかが同席しました。

引用元:安倍総理大臣とジュカノビッチ・モンテネグロ大統領との会談|外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/c_see/mtenegro/page4_005396.html