【0,1】英語【2】フランス語【3】ドイツ語

「国際標準図書番号」ISBNの
グループ・コードのうち、日本で
出版されたものを表す数字は?
4(答)
5
7
2
60%

ISBN(アイエスビーエヌ)は、International Standard Book Number の略称(頭字語)[1][2]。図書(書籍)および資料の識別用に設けられた国際規格コード(番号システム)の一種[3][4][1][2][5]。アラビア数字で表される[注 1]。日本における漢訳名は「国際標準図書番号」[6]。

開発されたのは1966年のイングランド、W・H・スミス社のプロジェクトによる (cf. )。

現代日本では、ISBN(国際標準図書番号)・分類記号・価格コードという3種類の情報で構成された「日本図書コード」が使用されている[3][7]。

歴史[編集]
1965年英国で、SBN (Standard Book Number) と呼ばれる書籍特定コードがトリニティ・カレッジ(ダブリン大学)のゴードン・フォスター(英語版)により開発された[8][9]。これは翌年に国内で利用され始めた。1967年、国際規格ISBNのアルゴリズムが考案された[10][11][12]。ISBNは国際標準化機構 (ISO) で1970年に採用された (ISO 2108)[9]。

日本は、1981年にISBNに関する国際的な枠組みに加盟。その後、1988年にJIS X 0305としてJIS規格となっている。出版関連の団体によって設立された一般社団法人日本出版インフラセンターに所属する日本図書コード管理センターが、管理している。

なお、出版物(本)に関する国際標準化機構の国際規格は、ISBNの他に、逐次刊行物(雑誌)のシリーズごとに付与される国際標準逐次刊行物番号 (ISSN) がある。
引用元:ISBN – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ISBN

百科事典マイペディアの解説
International Standard Book Numberの訳。略称ISBN。国際ISBN機関(International ISBN Agency)が管理している世界共通のコード。書籍,図書を定義する接頭記号〈ISBN978〉と,国,地域を識別する国記号(日本は〈4〉),出版者を識別する出版者記号,書籍出版物を識別する書名記号,チェック文字で表されている。日本ではこれに分類コードと価格コードも加えた日本図書コードが使用されている。
引用元:国際標準図書番号(こくさいひょうじゅんとしょばんごう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E7%95%AA%E5%8F%B7-499356