林文子 横浜市長 「待機児童ゼロ」達成 林芙美子『めし』『浮雲』『放浪記』

345FKmpghpnII
BMW東京の代表取締役社長など
を歴任後、2009年より横浜市長に
就任し「3年間で待機児童ゼロ」
の公約を実現した女性は?
原和江
谷裕美
林弘枝
林文子(答)


『浮雲』『めし』『放浪記』などの小説で知られる山口県生まれの女流作家は?
林芙美子(答)

林 文子(はやし ふみこ、1946年5月5日 – )は、日本の実業家、政治家。神奈川県横浜市長(第30・31代)、東京女学館大学国際教養学部客員教授。
ファーレン東京株式会社代表取締役社長、ビー・エム・ダブリュー東京株式会社代表取締役社長、株式会社ダイエー代表取締役会長兼最高経営責任者、日産自動車株式会社執行役員、東京日産自動車販売株式会社代表取締役社長などを歴任した。
>市長就任直後に「保育所待機児童解消プロジェクト」を立ち上げ[6]、2010年には全国最多の1552人であった横浜市の待機児童数が、2013年4月1日現在でゼロを達成したと発表された[7]。
引用元: 林文子 – Wikipedia.

「伝説の自動車トップセールス」と言われ、日本の社会に自動車文化を定着させる事に貢献した林文子氏。その後、経営トップとして収益のバランスを崩したスーパー・ダイエーを再建させるなどして「企業再建請負人」の通称も持つ。また、2009年には、政治の世界に入り横浜市長として地方行政を改革してきた。同氏は、今、この日本の社会をどう俯瞰し、どうすれば元気を取り戻す事ができると考えているのだろうか。本紙編集発行人・小川典子がきいた。
引用元: ●林文子横浜市長に聞く!「もはや議論の段階ではありません。 日本を元気にするには、一つでも多く 『女性の活躍できる職場』を増やす事です」 | 成山堂書店 : 理工書籍の出版社.