【Petróleos Mexicanos】

1938年に設立された
メキシコの国営石油企業
PEMEX(答)
33%

ペメックス(英語: Petroleos Mexicanos, Pemex)は、メキシコに本社をおく国営石油企業。世界で10番目の売上を持つ石油企業である。

メキシコではアステカ時代からアスファルトやピッチを作っていた。1876年にはタンピコ近郊で初めてケロシンが発見された。1917年にメキシコ憲法が成立すると、メキシコ革命政府はメキシコに埋蔵される全ての鉱物資源の所有権を宣言し、イギリスのピアソンやアメリカのドヒーニー(英語版)の子会社を誘致して、商業的に成り立つ量の石油が取れるようになった。

1938年、メキシコの大統領ラサロ・カルデナスは石油関係労働者の待遇改善を理由に、外国資本の石油会社に給与と福利厚生の引き上げを要求した。3月18日、カルデナス大統領は憲法第27条を根拠に、アメリカと英国系オランダの石油会社が持つ全ての資源と施設の国有化を宣言し、Pemexを設立した。多くの外国の政府は、この報復措置としてメキシコの石油を市場から締め出した。この報復措置にも関わらず、Pemexは当時ラテンアメリカ最大の企業、世界最大級の石油会社の1つとなり、メキシコが世界で5番目に大きな石油輸出地域になることとなった。
引用元:ペメックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9