技術的特異点【2045】『シンギュラリティは近い』

文章音声読み上げマシーンなど
を発明したアメリカの発明家で
著書に『ポスト・ヒューマン
誕生』があるのは?
・イワルーツイレカ
レイ・カーツワイル(答)
21%


人工知能が人間の能力を超えると
予想され、それに伴い起こると
されている諸問題は
「◯◯◯◯年問題」?
97853
16042
2045(答)
13%
引用元:2045【シンギュラリティ】レイ・カーツワイル | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/45219/

ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき
カーツワイル,レイ【著】〈Kurzweil,Ray〉/井上 健【監訳】/小野木 明恵/野中 香方子/福田 実【共訳】

内容説明
進化は加速している―。「生物の限界を超え2045年、人類はついに特異点に到達する」NHK BS特集『未来への提言』で紹介された、世界最高峰の発明家による大胆な未来予測。

目次
第1章 六つのエポック
第2章 テクノロジー進化の理論―収穫加速の法則
第3章 人間の脳のコンピューティング能力を実現する
第4章 人間の知能のソフトウェアを実現する―人間の脳のリバースエンジニアリング
第5章 GNR―同時進行する三つの革命
第6章 衝撃…
第7章 わたしは特異点論者だ
第8章 GNRの密接にもつれあった期待と危険

著者等紹介
カーツワイル,レイ[カーツワイル,レイ][Kurzweil,Ray]
1947年ニューヨーク生まれ。世界屈指の発明家、思想家、未来学者であり、この20年間のさまざまな出来事を予言してきた。「眠らない天才」(The Wall Street Journal)、「究極の思考マシン」(Forbes magazine)と呼ばれ、またInc.magazineはカーツワイルを世界トップの起業家のひとりに選び、「トマス・エジソンの正統な相続人」と呼んだ。また、PBS(公共放送サービス)は彼を「過去2世紀においてアメリカに革命を起こした16人の発明家」のひとりとしている。アメリカの「発明家の殿堂」に名を連ね、「ナショナル・メダル・オブ・テクノロジー」「レメルソン‐MIT賞」など優れた発明に贈られる世界最高峰の賞を数々受賞、12の名誉博士号をもち、3人の米大統領から賞を贈られている
引用元:ポスト・ヒュ-マン誕生 / カーツワイル,レイ【著】〈Kurzweil,Ray〉/井上 健【監訳】/小野木 明恵/野中 香方子/福田 実【共訳】 – 紀伊國屋書店ウェブストア https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784140811672

レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil, 1948年2月12日 – )はアメリカ合衆国の発明家、実業家、未来学者、思想家。本名はレイモンド・カーツワイル(Raymond Kurzweil)。

人工知能研究の世界的権威であり、特に技術的特異点(technological singularity)に関する著述で知られる。

発明家としては、オムニ・フォント式OCRソフト、フラットベッド・スキャナー、”Kurzweil”ブランドのシンセサイザー「K250」、文章音声読み上げマシーン(カーツワイル朗読機)などを開発している。
引用元:レイ・カーツワイル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB