【明石市含む12市】

日本の標準時の基準となる
東経135度の子午線は
神戸市を通っている
◯(答)
42%

英語で「東経135度」の経度を
表記すると、「135 degrees east
◯◯◯◯◯◯◯◯◯」?
dtluoiegn
longitude(答)
135 degrees east longitude

英語で「北緯43度」の緯度を
表記すると、「43 degrees north
◯◯◯◯◯◯◯◯」?
latitude(答)

CIMG2354XOgtpDxmfbeX
日本にもかつて国内に
時差が存在したことがある
◯(答)
引用元:時差ボケ「ジェットラグ」 ホノルル「19」ロサンゼルス「17」メキシコシティ「15」ニューヨーク「14」ブエノスアイレス「12」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/6598/

日付変更線のことを、英語では「ザ・デート・ライン」という
◯(答)

タイピング
国際日付変更線のことをアルファベット3文字で「◯◯◯」という?
IDL(答)
International Date Line

東経135度子午線をとおるまち
日本標準時の基準となる東経135度子午線は、明石市を含む12市を通っています。

北から京丹後市、福知山市(以上京都府)、豊岡市、丹波市、西脇市、加東市、小野市、三木市、神戸市西区、明石市、淡路市(以上兵庫県)、和歌山市(和歌山県)です。

それぞれの町には、目には見えない子午線を表示する標識やモニュメントが建っています。
明石市は、明治43年に日本で最初に標識を建てたことから「子午線のまち」といわれています。
引用元:東経135度子午線をとおるまち|子午線のまち・明石|明石市立天文科学館 http://www.am12.jp/shigosen/toukei135.html

日本標準時子午線(にほんひょうじゅんじしごせん[1]、英語: Japan Standard Time Meridian;略語: JSTM[2])は、日本の標準時(中央標準時)の基準となる子午線として明治19年勅令第51号「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」(1886年)で定められた東経135度の経線である。

日本標準時子午線上にある自治体[編集]
京都府
京丹後市
福知山市

兵庫県
豊岡市
丹波市
西脇市
加東市
小野市
三木市
神戸市(西区)
明石市
淡路市

和歌山県
和歌山市

子午線標識・モニュメント[編集]
東経135度日本標準時子午線は、他の経緯度線と同様に概念上の線であり明石市を含め地面や上空に見える線として存在しているわけではないが、東経135度子午線が通過する12市には、目には見えない子午線の存在を示す標柱、標識、モニュメント等が建てられていたり、線が表示され可視化されている場所がある[5][6][7]。
引用元:日本標準時子午線 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A8%99%E6%BA%96%E6%99%82%E5%AD%90%E5%8D%88%E7%B7%9A