菊、ばら【愛知県】

カーネーションの年間生産量が
全国1位の都道府県はどこ?
(画像出題)
長野県をタッチ(答)
48%

「母の日」の贈り物として、すっかりお馴染みのカーネーション。

国内では、キクに次いで生産量が多く、一年を通して市場に出荷される「定番」となっています。

豊富な花色と日持ちや取り扱いの良さが特徴で、お花屋さんにもファンが多い切り花です。

長野県では、昭和初期から栽培がはじまり、現在は全国の生産量の2割を占める日本一の産地。

夏から秋にかけてが、出荷のピークとなります。
引用元:カーネーション/長野県 https://www.pref.nagano.lg.jp/enchiku/sangyo/nogyo/engei-suisan/kaki/flower-2.html

江戸時代に伝わり、和名はオランダ石竹、大正時代までは石竹と呼ばれていました。
カーネーションと言えば母の日(5月第2日曜日)。 アメリカの女性教師のあるエピソードから生まれた習慣で、アメリカでは1914年から国民の祝日に。日本では1950年頃から定着しました。
生産量は長野県が全国1位を誇ります。施設栽培で周年出荷されますが、高冷地長野県では7月~9月が出荷のピークを迎えます。 長野県産は色鮮やかで、日持ちがよいのが特徴です。
引用元:カーネーション|花一覧|花|長野県の農畜産物|JA全農長野 https://www.nn.zennoh.or.jp/products/flowers/more/post-16.php

(2) きく(統計表17ページ参照)
ア 作付面積は4,663haで、前年産に比べ
95ha(2%)減少した。
イ 出荷量は14億2,400万本で、前年産に
比べ8,000万本(5%)減少した。これ
は、沖縄県において台風被害が発生した
こと等による。
ウ 都道府県別出荷量割合は、愛知県が32
%で最も高く、次いで沖縄県が18%、福
岡県が7%となっており、この3県で全
国の約6割を占めている。

(3) カーネーション(統計表17ページ参照)
ア 作付面積は290haで、前年産に比べ5ha
(2%)減少した。
イ 出荷量は2億3,410万本で、前年産に
比べ610万本(3%)減少した。
ウ 都道府県別出荷量割合は、長野県が21%
で最も高く、次いで愛知県が18%、北海道
が10%となっており、この3道県で全国の
約5割を占めている。

(4) ばら(統計表18ページ参照)
ア 作付面積は325haで、前年産に比べ11ha
(3%)減少した。
イ 出荷量は2億3,600万本で、前年産に比
べ1,220万本(5%)減少した。これは、
作付面積が減少したこと等による。
ウ 都道府県別出荷量割合は、愛知県が18%
で最も高く、次いで静岡県が9%、山形県
及び福岡県がそれぞれ7%となっている。

(11) ゆり(統計表21ページ参照)
ア 作付面積は712haで、前年産に比べ
29ha(4%)減少した。
イ 出荷量は1億3,020万本で、前年産
に比べ740万本(5%)減少した。こ
れは、作付面積が減少したこと等に
よる。
ウ 都道府県別出荷量割合は、埼玉県
が20%で最も高く、次いで高知県が
12%、新潟県が10%となっている。
引用元:index-5.pdf https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kaki/attach/pdf/index-5.pdf