黒岩恒【「尖閣諸島」命名】

次のうち、尖閣諸島に
実際にある島は?
明治島

大正島(答)
平成島
昭和島
57%

050wrxvCOL
次のうち、尖閣諸島に
含まれる島を1つ選びなさい
屋久島 「大隅諸島」
江田島 えたじま 広島県
久場島(答)
与那国諸島 「八重山諸島」日本の最西端
大正島(答)
沖ノ鳥島 「小笠原諸島」日本の最南端
徳之島 「奄美諸島」
魚釣島(答)引用元:尖閣諸島「久場島(くばじま)」「大正島(たいしょうとう)」「魚釣島(うおつりしま)」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/22533/


2010年に、沖縄県の石垣市議会は
毎年1月14日を
「尖閣諸島◯◯の日」と定めた?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
かいたく(答)
31%
引用元:尖閣諸島「開拓」の日 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/44531/

海上保安庁は、全国を
いくつの管区に分けている?
数字で答えなさい
11(答)
33%

引用元:【海保】11管区【陸自】5方面隊 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/49600/


引用元:尖閣諸島 | 外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/index.html

尖閣諸島(せんかくしょとう)は、東シナ海の南西部にある島嶼群。石垣島北方約130 – 150kmの、北緯25度43分 – 56分、東経123度27分 – 124度34分の海域に点在する[6]。尖閣列島(せんかくれっとう)ともいう。

日本が実効支配しており、中華人民共和国および中華民国がそれぞれ領有権を主張している。「尖閣諸島」および「尖閣列島」は日本における呼称であり、中国では釣魚群島あるいは釣魚島及びその付属島嶼(簡体字: 钓鱼岛)[7]、台湾では釣魚台列嶼(繁体字: 釣魚臺列嶼)と呼ばれている。

なお、2012年(平成24年)1月16日、日本政府は排他的経済水域 (EEZ) の基点となるにもかかわらず名称が不明であった離島について、地元自治体などに呼称を照会した上で、同年3月末までに命名する方針を示し[9]、3月2日には名称が決定した[10]。この中には、尖閣諸島近海の4島が含まれており、このうち久場島付近にある3島は北西小島、北小島、北東小島、大正島付近にある1島は北小島と名付けられた[10]。この結果、本諸島には計3つの北小島が存在することになった。

名称
「尖閣諸島」の名称は1900年(明治33年)に当地を調査した沖縄県師範学校博物農業教師の黒岩恒が命名したもので、各島の島の形状が尖っていることに因んで名づけられた[18]。

沖縄方言では「ユクン・クバジマ」、八重山方言では「イーグン・クバジマ」と呼ばれていた。「ユクン」および「イーグン」は魚釣島を指しており、尖閣諸島の主要な島である魚釣島と久場島を合わせた名称である。なお、「ユクン」は「魚」、「イーグン」は「銛」、「クバ」は「ビロウ」という意味である[19]。

日本政府の立場からは、尖閣諸島は沖縄県石垣市に属する島であり地籍を有している[7]。尖閣諸島の所在地は、沖縄県石垣市登野城2390番地-2394番地である[18][20]。石垣市では、2017年(平成29年)11月29日に12月定例市議会に尖閣諸島の字を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する議案を上程する方針を固めた[21][22][23]ものの、手続き上の問題を理由として、議案上程を翌年以降に先送りしており[24]、2019年(平成31年)3月の市議会では市側から当面見送るとの方針が示されている[25]。
引用元:尖閣諸島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6

字名変更について、中国外務省の耿爽報道官は、2017年(平成29年)12月4日の記者会見で「日本側がどのようないんちきをやろうと、釣魚島(尖閣諸島の中国側名称)が中国に属している事実を変えることはできない」と反発している[26]。

台湾では釣魚台列嶼[7]、中国では釣魚群島あるいは釣魚島及びその付属島嶼などと呼ばれる[7]。

黒岩 恒(くろいわ ひさし、1858年8月8日 – 1930年5月25日)は、日本の教育者、博物学者。沖縄の生物研究で功績を残しており、尖閣諸島の命名者としても知られている。

略歴[編集]
高知県高岡郡佐川町に生まれた。1892年沖縄尋常師範学校に赴任した。沖縄の動植物を研究し、『琉球教育』誌に『沖縄の博物界』を連載した。クロイワランやクロイワザサ、クロイワトカゲモドキ、クロイワゼミなどの動植物を発見し、和名は黒岩に因んで命名された[1]。1897年に尖閣列島に渡り、『地学雑誌』に『尖閣諸島探検記』を発表した[1]。実業家の古賀辰四郎の依頼により、魚釣島など周辺の島々を調査し、「尖閣諸島」を命名したほか、山や渓流にも名前を付けていた。1902年から名護市の国頭農学校の校長を務めた。1915年に沖縄を離れ和歌山に移った[1]。
引用元:黒岩恒 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B2%A9%E6%81%92