野田内閣~安倍内閣【あ順】

次の人物を
総務大臣を務めた順に
選びなさい
川端達夫
新藤義孝
高市早苗
35%

川端 達夫(かわばた たつお、1945年(昭和20年)1月24日 – )は、日本の政治家。

衆議院議員(10期)、民主党国会対策委員長、民主党幹事長(第6代)、文部科学大臣(第12・13代)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策)、総務大臣(第15代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)、内閣府特命担当大臣(地域主権推進)、民社協会理事長、衆議院副議長(第66代)などを歴任。

2011年9月に発足した野田内閣では、総務大臣、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、地域主権推進)に任命され、3つのポストを兼務することとなった[6]。さらに、国務大臣としての所管事項として「地域の活性化を総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[6]を担当することとなった。
引用元:川端達夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E7%AB%AF%E9%81%94%E5%A4%AB

新藤 義孝(しんどう よしたか、1958年(昭和33年)1月20日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自民党前埼玉県連会長。総務大臣(第17代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革担当)、内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域担当)等を歴任した。

2012年(平成24年)12月16日の第46回衆議院議員総選挙では埼玉2区で石田を含む他候補に比例復活を許さず勝利し5選。同年12月26日成立の第2次安倍内閣で総務大臣、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、地域活性化担当大臣、道州制担当大臣、郵政民営化を担当する大臣として初入閣。2013年(平成25年)12月13日には、内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域)に任命された[7]。2014年9月3日、退任。同年12月14日の第47回衆議院議員総選挙で6選。
引用元:新藤義孝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%97%A4%E7%BE%A9%E5%AD%9D

高市 早苗(たかいち さなえ、1961年(昭和36年)3月7日[1] – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)。総務大臣 (第23代)、内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度担当)。

衆議院議院運営委員長、自民党政務調査会長(第55代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、少子化・男女共同参画、食品安全、イノベーション)、自民党たばこ議員連盟副会長を務めた。

第2次安倍政権発足以降[編集]
12月の第46回衆議院議員総選挙で6選。選挙後、第55代自民党政務調査会長に就任。女性としては初めての就任でもあった[17]。

2014年9月3日に発足した第2次安倍改造内閣で、女性初の総務大臣に就任。同年12月の第47回衆議院議員総選挙で7選。12月24日に発した第3次安倍内閣でも総務大臣に再任された。

2017年6月20日、総務大臣の在任歴代1位となる[18]。同年7月19日、山本拓と離婚[19]。同年8月3日、内閣改造により大臣を退任。総務大臣としての在任期間は、1066日となる[20]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙で8選。同年11月、新設された自民党サイバーセキュリティ対策本部長に就任。

2018年10月、衆議院議院運営委員長に就任[21]。女性として、議院運営委員長に就任するのは衆参両議院合わせて初。

2019年9月11日、第4次安倍再改造内閣で再び総務大臣に就任。
引用元:高市早苗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B8%82%E6%97%A9%E8%8B%97