アポイ岳 高山植物の宝庫 北海道様似町(さまにちょう)

133zYVmhxnYJb
標高810mと低いものの
厳しい気候条件と特殊な地質から
高山植物の宝庫となっている
北海道様似町にある山は?
ベイリポ岳
ツヌアクン
→アポイ岳

アポイ岳(アポイだけ)は、北海道様似郡様似町かつ日高山脈支稜線西南端に位置し、一等三角点(点名「冬島」)で標高810.5mの山である。地名の由来はアイヌ語の「アペ・オ・イ」(火のあるところ)より。
>山が「幌満橄欖岩」と呼ばれているかんらん岩でできており、特殊な自然体系となっていることにから、1952年に高山植物帯が「アポイ岳高山植物群落」として国の特別天然記念物に指定された。1981年には日高山脈襟裳国定公園の特別保護区となった。標高が低いわりに、特殊な岩体のため森林が発達せず、「蛇紋岩植物」が生育する高山植物の宝庫として有名である。花の百名山となっている。
引用元: アポイ岳 – Wikipedia.

アポイ岳は、低標高ながら特殊な地質、気象条件等によりヒダカソウやエゾコウゾリナなどここでしか見られない高山植物が数多く生育し、高山植物の宝庫として知られている山で2008年には、特殊な地質(かんらん岩)や高山植物が評価されて「アポイ岳ジオパーク」として日本ジオパークに認定され現在は、世界ジオパークネットワークへの登録を目指しています。なお、アポイ岳エリアを含む5つのエリアと33のジオサイト(地質、自然、歴史など様似町の見どころスポット)が設定されています。
引用元: アポイ岳.