【ピアック】Programmefor the International Assessment of Adult Competences

2013年にOECDが結果を公表
した国際成人力調査のこと
PIAAC(答)
0%

並び替え
大学入学にあたって、基礎的な学力が不足している生徒に対して行われる補修教育を◯◯◯◯◯◯教育」という?
リメディアル(答)

CIMG4706
イギリスで大学入学が決まった
学生が、社会見聞のために入学を
1年遅らせることを◯◯◯◯・
イヤーという? ◯を答えなさい
ギャップ(答)
「ギャップ・イヤー」
引用元:GAPの傘下「Old Navy」「バナナ・リパブリック」 「ギャップ・イヤー」大学入学前に1年ほど「社会(就業)体験」「ボランディア」で知見を広めること | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/23701/

国際成人力調査(PIAAC、ピアック、Programmefor the International Assessment of Adult Competences)[1]は、経済協力開発機構(OECD)の成人のスキルを評価する世界規模の調査である。この調査はOCED各国の知識基盤社会における読解力、数的思考力、そして問題解決能力のスキルを評価し、各国国民のこれらのスキルを向上させるための情報を提供するのが主目的である。 労働力人口(16歳から65歳まで)に焦点を合わせたこの調査は、2013年10月8日にはじめて公表された [2] [3]。

結果[編集]
2013年に調査結果が25言語で公表された[7]。

日本は、

読解力:296(1位)
数的思考力:288(1位)
ITを活用した問題解決能力(コンピュータ調査を受けた者の平均得点[6]):255(1位)
と、すべての領域において一番高い平均点数を獲得した国になっている。
引用元:国際成人力調査 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%88%90%E4%BA%BA%E5%8A%9B%E8%AA%BF%E6%9F%BB

課題とこれからの教育
一方で、ITを活用した問題解決力については課題が見られます。日本は解答に際して紙を選択した受験者の比率が高く、若年層と60歳代の結果がOECD平均レベルとなっています。また、実際に仕事でICTスキルや問題解決力を使っている頻度は、日本はOECD平均以下でした。このようなスキルはこれからの社会で益々重要なスキルで、知識だけあっても実践されていなければ意味のないものですので、これらを活用して実践値を高めることと、学校教育の中に積極的に取り入れていくことの取り組みが必要です。

また、今回の結果は、あくまで調査された分野の範囲ですので、当然のことながら調査以外の分野については分かりません。たとえば科学的思考力、イノベーションや創造力のようなスキル、チームワークスキル、英語力等々、今回のスキルと相関するものもあるかもしれませんが、それは判断できません。今回PIAACで調査された3分野は、必要かつ重要なスキルですが、それだけで十分というわけではありません。

したがって、今回の結果には健全な自信を持ちながらも、一つの評価として冷静にとらえ、社会的成果につながる学習社会を形成していく必要があります。今後、雇用形態が変化して労働力の流動性が高まれば、これまでのような企業による社会教育機能が、十分に果たせなくなるかもしれません。一方で、社会は益々多様に変化していきますので、常にスキルの更新が必要になります。このような環境下で、成人はどこでどのように学ぶ機会を得ていけばよいのでしょうか。これまで企業内だけで流通していたスキルの証明が、労働市場でも流通するようになれば、学び直しの機会は大学などにも拡大できるでしょうが、OECDの調査によれば、日本の大学の25歳以上の入学者比率は調査国中最下位です。これは、日本の大学が、生涯学習の拠点として十分に機能していないことを表しています。生涯にわたって主体的に学び、社会的成果につなげていくことができる環境をどのように構築していくかが、今後の重要な課題であると思います。今回のPIAACの結果は朗報ですが、何かを保証されたわけではありません。今後も、日本は教育大国のトップランナーとして、21世紀型の生涯学習社会を、抜かりなく追求していく必要があると思います。
引用元:第28回 PIAACの結果から考える、これからの日本の教育│オピニオン│情報企画室│ベネッセ教育総合研究所 https://berd.benesse.jp/magazine/opinion/index2.php?id=2545