【堀の生神女庇護大聖堂】

モスクワの赤の広場に建つ
聖ワシリイ大聖堂はどっち?
(画像出題)
A(答)
Bスルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)
66%

CIMG7410JanRZRZjrZkr
イスタンブールにあるこのモスク
を正式名は「何・モスク」?
メフスアトタンル
スルタンアフメト(答)
「スルタンアフメト・モスク」ブルーモスク

CIMG5626
トルコ・イスタンブールの観光
名所となっている、ある色を
特徴とするイスラム寺院は何?
レッドモスク
グリーンモスク
ブルーモスク(答)
シルバーモスク

文字パネル
別名を「ポクロフスキー大聖堂」という、モスクワの赤の広場にあるロシア正教の大聖堂は聖◯◯◯◯大聖堂?
ワシリー(答)引用元:「アンコールワット」当初ヒンドゥー教の寺院「スールヤバルマン2世」 「スルタンアフメト・モスク」ブルーモスク | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/13301/

聖ワシリイ大聖堂(露:Собор Василия Блаженного)はロシアの首都、モスクワの赤の広場に立つロシア正教会の大聖堂。正式名称は「堀の生神女庇護大聖堂」(Собор Покрова, что на Рву、詳細は#名称・記憶を参照)。

「聖ワシリー大聖堂」「聖ヴァシーリー大聖堂」「聖ワシーリー寺院」とも日本では表記される。

1551年から1560年にかけて、イヴァン4世(雷帝)が、カザン・ハーンを捕虜とし勝利したことを記念して建立した。ロシアの聖堂でもっとも美しい建物のひとつと言われる。1990年にユネスコの世界遺産に登録された。

ゲームソフト等で有名なテトリスでは、ロシア文化をイメージとした背景や音楽等がよく用いられており、聖ワシリイ大聖堂もしばしば背景画像やパッケージとして使われている。

「クレムリンの聖ワシリイ大聖堂」といった説明がされることもあるが、大聖堂はクレムリンの城壁の内側には位置していないため誤りである。聖ワシリイ大聖堂が位置する赤の広場はクレムリンの城壁の外側にある。

沿革・構造の意義[編集]

ツァーリ・イヴァン4世(雷帝)のカザン征服を記念して建てられた。当初、聖堂が記憶していたのは生神女庇護であり、聖堂名も生神女庇護大聖堂(ポクロフスキー大聖堂)であった(詳細は#名称・記憶を参照)[1]。

カザン戦からイヴァン4世が帰還した年に木造で建てられ、2年後に石造での改築が始まり、5年後の1559年に完成している。建築にはバルマとも呼ばれるポスニク・ヤーコブレフが当たった[1]。

完成時点では現在みられるような彩色はされておらず[1]、今日見る聖堂の彩色は17世紀から19世紀にかけて施されたものである。
引用元:聖ワシリイ大聖堂 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A4%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82

スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク (マレー語:Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz)は、マレーシア・スランゴール州の州都シャーアラムにあるモスク。青色をしていることから、通称、ブルーモスクと呼ばれている[1]。マレーシア最大のモスクであり、東南アジアにおいても、インドネシアのジャカルタにあるイスティクラル・モスクの次いで2番目の規模である。4つのミナレットが立っている。

ブルーモスクと呼ばれるモスクには、他にスルタンアフメト・モスクがある[2]。
引用元:スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF

マレーシアの首都クアラルンプール。東南アジア随一の大都会は、日本人からも人気の観光地となっていますが、そんなクアラルンプールに2つの名物モスクがあるのをご存知でしょうか?

それがブルーモスクとピンクモスク。名前の通り鮮やかなブルーとピンクが特徴のモスクは、いずれも息を呑むほどの美しさで、外国人に人気の観光スポットにもなっています。今回はそんな2つの名物モスクをご紹介。あなたのお好みはどっち!?

当記事では「ブルーモスク」と紹介していますが、正式名称は「スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク(The Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah Mosque)」。マレーシア最大のモスクとして知られるこのモスクは、世界でも4番目の規模を誇るモスクです。

外から眺めるブルーモスクの壮大な風景は圧巻!なかなかカメラに収まりきらないほどの大きさです。モスクを見学するには、個人ではなく、ガイドさんに同行してもらう必要があります。到着したら、正面右手にあるビジターセンターで見学をしたいという旨を伝えましょう。女性の方はこちらで肌を覆うヒジャブを無料で借りることができます。男性の方は、短パンでなければ基本的にそのまま見学することができますので、なるべく長ズボンで訪れるようにしましょう。

当記事では「ピンクモスク」と紹介していますが、正式名称は「プトラモスク(Putra Mosque)」。タクシーで近づくと、ついにその全貌が見えてきます。

水辺にたたずむピンク色のモスク。通常のモスクとは異なり、ミナレット(尖塔)が1本しかないのが特徴です。このミナレットは116メートルと非常に高く、ブルーモスクに次いで、世界で4番目に高いミナレットとして知られています。
引用元:ブルーモスク&ピンクモスク、どっちが好き?クアラルンプールの2大名物モスク | マレーシア | LINEトラベルjp 旅行ガイド https://www.travel.co.jp/guide/article/30868/

プトラ・モスク(英語: Putra Mosque、マレー語: Masjid Putra、マスジッド・プトラ)は、マレーシアプトラジャヤの主要なモスクである。

1997年より当モスクの建設が開始され、2年後の1999年に完成した。 当モスクは、マレーシア首相府および人造湖のプトラジャヤ湖があるペルダナ・プトラ(英語版)の隣に位置している。 当モスクの前には、マレーシア国旗がはためく旗竿と大きなスクエアがある。

ピンク色のドームが特徴のプトラ・モスクは、バラ色がかった花崗岩を使用して建設されており[1]、3つの主要な機能的領域(祈りホール、Sahnまたは中庭)、様々な学習施設および機能ルームから成っている。 当モスクは、一度に15,000人の崇拝者を収容することができる[2]。
引用元:プトラ・モスク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF